中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

花咲徳栄高等学校 空手道部

県大会16連覇、インターハイ団体優勝、全国選抜大会団体優勝などの戦績を誇る、花咲徳栄高等学校 空手道部。今回は部を代表して、山口健太くん(高2) 、近藤真緒さん(高2) 、神尾美穂さん(高2) 、小林宗和くん(高2) 、福田大夢くん(高2) 、山中豪流くん(高2) 、小花一希くん(高2)に、花咲徳栄高等学校 空手道部の魅力についてと、今号のテーマ ” ○○してごめんなさい。今年は必ずやりますから! “ について宣言していただきました。

戦える体づくりで全国制覇

花咲徳栄高校 空手道部の魅力を教えてください。

礼儀正しく基本重視のチームでありながらも、15秒中段突きなど、キツイ練習であればあるほど全員が気迫あふれる声を出し元気よく盛り上がりながら練習を行えるところが魅力です。


小花一希くん

きつかった練習メニューはありますか。

7泊8日の校内夏合宿で行う、手押し車と中段のかまえで前に進む練習メニューです。また身体づくりの為の食事トレーニングも女子にとってはとてもキツイです。


神尾美穂さん

試合での思い出はありますか。

昨年のインターハイです。3年生の先輩が2人、2年生が4人というチームにもかかわらず、全国でもしっかりとした試合が出来たのが良い思い出です。特に最後の試合となった日本航空高校戦では、先輩たちが2年生にお手本を示すような気持ちの入った戦い方をしてくれたのが、僕の心にしっかりと刻まれています。


福田大夢くん

ライバルチームや意識している高校はありますか。

粘り強い試合をしてくる、埼玉栄高校です。全国に行くためにも県内のライバル校にしっかり勝つことが必須なので、チーム一丸、声を出し盛り上がって練習を積み重ねることをテーマに活動しています。特に気迫で負けないことを大切にしています。


小林宗和くん

オフの日は何をしていますか。

終日オフの日は家族と出かけることが多いのですが、半日だけ練習の日などは、一度体を動かすとじっとしていられなくなるので、友達と一緒にテニスやバスケなどいろいろなスポーツをして過ごしています。先日も空手の稽古から始まり、テニス、ランニング、ウエイトトレーニングと朝から夜までずっと運動をしていました。


近藤真緒さん

今号のテーマ「○○してごめんなさい。今年は必ずやりますから!」 ですが、今年こそはやるぞ! ということで宣言をお願いします。

「まだまだ体が小さくてごめんなさい。今年は全国で戦える体を作ります!」他の強豪校に比べて、自分たちは線が細いので、しっかりごはんを食べて筋トレをします!


山中豪流くん

中学生に向けてのメッセージとチームの目標をお願いします。

継続は力なりだと思うので、何事もマイナスに考えず常にプラス思考で、勉強もスポーツも自分の目標に向かってお互い頑張りましょう!そしてチームの目標は、県で勝ち抜き、インターハイで優勝することです。


山口健太くん

関連する記事はこちら!

空手道の最新記事
SPECIAL

2017.09.05

ATHLETE INTERVIEW
情熱と冷静の間に ちょっぴりイラっと
  • 高栄警備保障株式会社
  • 植草歩
  • 空手道
We are BEST TEAM
夢をかたちに

兵庫県立東灘高等学校 空手道部 (2017)

兵庫県

やる気に満ちあふれたチーム!

青森明の星中学・高等学校 空手道部 (2017)

青森県

妥協しない!

目黒学院高等学校 空手道部 (2017)

東京都

闘志

沖縄県立首里高等学校 空手道部 (2017)

沖縄県

TOKYOオリンピックで金メダル

神奈川県立麻溝台高等学校 空手道部 (2017)

神奈川県