中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

埼玉県立熊谷女子高等学校 ラクロス部

全国ベスト4を目標に、練習メニューも自分達で一から作り上げる、埼玉県立熊谷女子高等学校 ラクロス部。今回は部を代表して、キャプテン・引間美玖さん(高2)、中川華那さん(高2)、中村 翠さん(高2)、坂田 涼さん(高2)、山下杏奈さん(高2)、前山晏奈さん(高2)、相上由季さん(高2)、大野有美さん(高2)に埼玉県立熊谷女子高等学校 ラクロス部の魅力について、そして今号のテーマである、” 憧れの背中 ” についてうかがいました。

メンタルを鍛え、ティーンズカップ優勝!

ラクロスのどんなところにはまりましたか。

ほとんどの人が高校から始めるめずらしいスポーツなので、初心者でも活躍でき、どのチームもユニフォームがかわいいところが魅力です。試合ではボールを仲間とつないで上手くシュートを決めたときは最高です!


大野有美さん

県立熊谷女子高校 ラクロス部の魅力を教えてください。

ラクロスを指導できる経験者がいないので、自分たちで話し合って練習メニューを決め、練習後に反省会をすることを繰り返しながら、主体性を持って活動しているところが魅力です。


相上由季さん

ライバルチームや、意識している高校はありますか。

県立伊奈学園総合高校です。全国3位になったこともある強豪校で、自分たちには手の届かない存在だったのですが、個々の技術面だけを比較すると勝てない相手ではないので、自分たちに足りない部分の一つであるメンタルを鍛えて、次に対戦するときは必ず勝ちます!


中村 翠さん

今号のテーマ「俺の背中について来い!」ですが、かっこいい、見習いたいと思ったのはどんな背中ですか。

プレーで魅せるだけでなく、気づいたことを率先しておこなう、気づかいの出来る先輩の背中はかっこよかったです!


坂田 涼さん

今までで一番感動した部活の思い出は。

新チームになって初めての対戦相手が、大好きな先輩方が最後の試合となったチームで、その相手に勝利した瞬間の、試合終了のホイッスルの音と情景は今でもはっきりと覚えています。


引間美玖さん

部活と勉強を上手に両立しているそうですが、将来目指している職業があるのですか。

将来は人助けができる看護師を目指しているので、部活は忙しいのですが、移動時間などを使ったり、部活後は疲れているので、短時間に集中して勉強をしています。


山下杏奈さん

オフの日の過ごし方や好きな事はなんですか。

オフ日も学校がある日と同じ時間に起き、生活のリズムを崩さないように過ごしています。午前中は勉強をして、午後は犬の散歩で赤城山に行ったりして気分転換をして過ごしています。


前山晏奈さん

最後に今後の目標と将来の夢を教えて下さい。

チームの目標はメンタルを強くしティーンズカップで優勝することです。将来の夢は歯科衛生士になることです。


中川華那さん

関連する記事はこちら!

ラクロスの最新記事
SPECIAL

2017.02.09

ATHLETE INTERVIEW
テクノロジーを途上国の人々に
  • kopernik
  • 中村 俊裕
  • ラクロス
We are BEST TEAM
PRIDE OF LACROSSE

東京都立飛鳥高等学校 ラクロス部 (2016)

東京都

どのチームよりも走る!!

山村学園高等学校 ラクロス部 (2016)

埼玉県

全力必笑

岩倉高等学校 ラクロス部 (2016)

東京都

熊子奮迅

埼玉県立熊谷女子高等学校 ラクロス部 (2015)

埼玉県

青春ラクロス。

東京都立小石川中等教育学校 ラクロス部 (2015)

東京都