中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

横浜隼人中学校・高等学校 女子野球部 (2011)

第8回全国高等学校女子軟式野球選手権大会において、創部以来念願の初優勝を飾った、横浜隼人中学校・高等学校・女子野球部。キャプテン・吉田菜生さん(高2)はじめ、小松史歩さん(高2)、美松瞳さん(高1)、野嵜雅世さん(高1)、渡辺葉月さん(高1)、中西由夏さん(高1)、岸田彩乃さん(高1)、海老塚栞さん(中3)、新井美来さん(中3)、牛本明実さん(中1)、榎本綾乃さん(中1)に、お話をうかがいしました。

オフの時はスポーツ用品店へ

女子野球の魅力について伺いたいのですが。

野球は、どのスポーツよりも頭を使うし、チーム力が試されるスポーツだと思うので、どれだけいいチームを作れるかというのが一番難しく、魅力的なところだと感じています。


吉田菜生さん

強いチームの秘訣は。

他のチームより勝っているものがあるとしら、“チームの雰囲気が良い”というところです。雰囲気がいいといいプレーも出るし、常にいい雰囲気で試合ができるように日々練習しています。


小松史歩さん

意識している高校はありますか。

常に全国で優勝を争っている村田女子高校です。


新井美来さん

横浜隼人高校ならではの、名物練習はありますか。

外周(1.5km)2周と、内周(370M)10周から始まる練習です。特に内周リレーは全力で2周走るんですけど… かなりキツイです(笑)。


海老塚栞さん

部活以外の日常を教えてください。

野球が好きなので、オフの時はスポーツ用品店で新しいミットをなでなでしたり、グローブの皮の匂いをかいだり、汚れ落としを選んだりして、上手くなりたいなあって思ってます。


岸田彩乃さん

最後に今後の目標と将来の夢を教えて下さい。

初優勝したので次は連覇を狙いたいです。また将来の夢は自分の名前にもある“世”の中の為に役立つ人になりたいです。


野嵜雅世さん

関連する記事はこちら!

女子野球の最新記事
SPECIAL

2017.02.09

ATHLETE INTERVIEW
ソフトボール部から実業団チームへ
  • アサヒトラスト
  • 加藤 優
  • 女子野球
We are BEST TEAM
自分と闘っているとき、なりたくない自分にはなるな

叡明高等学校 女子硬式野球部 (2016)

埼玉県

愛真一心

折尾愛真高等学校 女子硬式野球部 (2016)

福岡県

全力疾走と笑顔で日本一のチームへ!

横浜隼人中学校・高等学校 女子野球部 (2016)

神奈川県

全員で 想いを繋げば 栄光あり

大阪体育大学浪商高等学校 女子硬式野球部 (2016)

大阪府

創部1年目!全員で「全国制覇」へ

秀明八千代高等学校 女子硬式野球部 (2016)

千葉県