中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立鶴見高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

強い鶴見高校卓球部を取り戻すべく、集中して物事に取り組めば何事も成し遂げられるという「精神一到」をスローガンに活動しています。

卓球部・森光河くん

試合に勝つことよりも、高校生活楽しかったと思えるよう少しでも何か努力をして、「笑顔で引退」したいと思います。

柔道部・●山 巧くん

決して攻められないという意味の「難攻不落」を部訓に掲げ、レシーブから簡単に攻められないチームになろうと、特にサーブカットの練習には力を入れています。

女子バレーボール部・片山采音さん

淡々と練習に取り組むのではなく、どんなことに意識するのかこだわりを持って活動しています。仲が良いので、部活以外でもみんなで笑って過ごしています!

ラクロス部・出雲李聖さん

練習を楽しむことを目標にすることで、練習の質も上がり、勝利にも繋がります。そのためには上級生が盛り上げてチームを引っ張っていくことを大切にしています!

陸上競技部・酒井亮太朗くん

プレーでは自ら考え、自ら行動すること、私生活では身だしなみを整えることを心掛けています。目標は「二次予選進出」です!

サッカー部・髙木大誠くん

目標の「県ベスト8」は高い目標ではありますが、自分たちで決めたからには絶対達成するという強い気持ちで活動しています。そのためにお互いモチベーションが上がるような声掛けを心掛けています。

男子ハンドボール部・樋口颯大くん

先生からのアドバイスや自分達が決めた目標に対して、「有言実行」するために、その目標までの過程も大切に、良かった事、できなかった事を振り返りながら、練習に励んでいます。

女子ハンドボール部・竹地雛子さん

タックルをして相手を止めるスポーツなので、試合に強い気持ちで臨めるよう、「勇猛果敢」を掲げています。常にやる気があり、人数が少ないですが一丸となって戦うチームです。

ラグビー部・小嶋涼太くん

目標の「県大会出場」に向け、試合形式の練習に多く取り組み、沢山練習試合に出向くことで、様々な会場を経験し試合に慣れることを心掛けています。

バドミントン部・大石夏輝くん

先輩から受け継いだ「県大会出場」という目標を達成するために、お互いに厳しく練習に励んでいます。パスを多くまわし、全員プレーで勝っていきたいです。

男子バスケットボール部・石田俊宏くん

「県ベスト8」を目標に、声を出して良い雰囲気作りを心掛け、冬は日が暮れるのが早いので、ランメニューなど暗くてもできる練習を先生と一緒に考えながら工夫してメニューを考えています。

野球部・矢野竜也くん

私達生徒会執行部は、全校生徒の代表として、学校を背負っているので、校訓でもある「自主自立」を誰よりも心掛け行動しています。みんなが楽しく、自分の目標に向けて積極的にチャレンジする学校作りに励んでいきたいと思います。

生徒会執行部・堀越智也くん


topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら