中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立藤沢清流高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

先輩方から受け継いだ「神奈川制覇」という目標を、自分たちの代で達成できるよう、声を出し、気合を入れて日々の練習に励んでいます!

男子サッカー部・中田 怜くん

公立高校としてのプライドと、サッカーを通して人間として成長する向上心、そして不可能を可能にするという挑戦する気持ちをもって活動しています!

女子サッカー部・高木晴南さん

どんなに難しいボールも追いかける心を忘れず、拾い続けるという意味で「追求」を部訓に掲げています。人数が少ないですが賑やかなチームです!

女子バレーボール部・畠山菜々子さん

部員が3人なので、土日の練習や試合は合同チームとして活動しています。日頃から練習していることを試合で全て発揮できるよう、後悔のないように「完全燃焼」します!

ソフトボール部・釣 真理子さん

勉強も部活も継続することが力に変わると思います。実際にランメニューを継続したことで、体力や身体つきが変わり、試合でも勝てるようになりました。だから私たちは「継続しか力にならない」という「only practice can make perfect!」をスローガンにしています!

男子テニス部・重田亮哉くん

試合だけでなく、練習でも自分から先手を打って行動することで、チーム力を高めて戦っていこうと「先手必勝」を掲げています。コートの上では学年関係なく平等なので、チーム一丸となって戦います!

女子テニス部・田中美来さん

まずはチーム全員で守り、速い攻撃で1点を確実にとるという気持ちで「堅守速攻」を掲げています。守備では時は声をかけ合い、攻撃ではチャンスがあるところに積極的にボールを出していくことを意識して練習しています。

男子バスケットボール部・安藤 怜くん

人数が少なく、試合で上手くいかない時もありましたが、今まで勝つことのできなかったチームに勝ちたい!という強い気持ちで這い上がります!うるさいほどの明るさはチームの強みです!

女子バスケットボール部・会田未来さん

練習にしっかり「集中」して取り組むことが目標です。全員1年生のチームなので、仲良く練習に励んでいます。

卓球部・大月佳祐くん

一人一人が沢山の考えを出し効率よく練習していくことで、結束して戦っていこうと「千思万考」を掲げています。大会では「ベスト16」に入ることを目標とし、雰囲気作りを大切にして、大会に良いモチベーションで臨めるよう準備していきます。

野球部・松田直己くん

スポーツにおいて一番大切なのは、「継続して練習に取り組むこと」だと思っています。個人では練習のないときも自分にできることを探し、チームでは体幹メニューを取り入れ身体の補強を継続して取り組んでいます。

陸上競技部・高橋 司くん

バドミントンは1点が大切なので、自分たちのミスで相手に流れを持っていかれることのないよう、練習は基礎を意識して丁寧に取り組むということを大切にしています。

男子バドミントン部・青木雄大くん

全員で楽しみながらバドミントンをしています!試合でもサイドから声をかけ合って緊張感をほぐしながら戦えるよう「和気あいあい」を部訓に掲げています。県大会に出場して勝ち進むことが目標です!

女子バドミントン部・窪田弥悠さん

「文武両道」を部訓に掲げ、剣道だけでなく勉強会をひらいて学業にも力を入れています!部員が2人なので、剣道も勉強も教え合いながらお互いに高め合っています。

剣道部・小早川青穗さん

自分の嫌なことがあっても粘り強く夢に向かって頑張ろうという意味で、もともと藤沢清流ダンス部の略であったSDCにちなんで「Strong Dream Catch」を部訓に決めました!

ダンス部・迫口怜奈さん

経験者が少ないので、まずは速攻で強いチームに立ち向かっていこうと「気合の速攻」を掲げています。一人も手を抜くことなく全力で走る全員速攻では、走りながら仲間と合わせていくのが自分たちの強みです。

男子ハンドボール部・古賀 翔くん

迷ったらパスを出すのではなく、とにかく「自分でGO!」と攻めにいくチームです!辛い時ほど声を出して盛り上げ、公式戦でまず1勝することを目標に頑張ります!

女子ハンドボール部・有藤明唯さん

練習も試合も最後まで諦めないで戦うことを大切に「我武者羅」を掲げています。人数が少ないので、各自が自分から声を出して積極的に動いています。

ソフトテニス部・川手瑞稀さん

山登りは他のスポーツとは違い、競うことよりも安全が第一です。そのためには自分たちのペースで登ること、「Us pace」を大切にしています。夏合宿で登る南アルプスや北アルプスが一番キツく、そして格別の達成感があります!

ワンダーフォーゲル部・高木雄大くん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら