中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立相模原高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

旧体制を見直し、よりよい学校を作っていきたいという強い意志をもって「県相をぶっ壊す」気持ちで活動しています。生徒たちの積極的な意見に、正面から向き合い、僕たちが新しい県相をつくります!

生徒会本部・早田 柊くん

「凡事徹底」を部訓に、当たり前のことを当たり前にやり、サッカーだけでなく、日頃の生活から挨拶や整理整頓などに意識して行動しています。お互いに指摘し合って向上していけるところがチームの魅力です。

サッカー部・今井秀人くん

リレー種目で「関東出場」を目指しています。リレーメンバーだけでなく、全員で戦うという意識で、楽しい雰囲気の中、やるときはやるという厳しさを持って、競い合いながら練習しています。

水泳部・井川陽希くん

ソフトテニスは1球が大事なので、コート環境や周りの声にも動じずに、「一心不乱」に地味な練習も気持ちを込めて練習しています。

男子ソフトテニス部・成井聖人くん

現在部員が7人なので、全員で「元気」に活動しています。個性の強いメンバーが集まっているので、練習も明るく楽しいです!

女子ソフトテニス部・桑沢夏実さん

体操競技は技を極めるだけでなく、採点競技なので、美しさを求めてつま先や手の先まで意識を持って練習しています。練習から音楽を流して、試合と同じ雰囲気で練習をします。

体操部・片岡愛結さん

人数が少ないですが、チームワークを活かして積極的な攻撃を武器に活動しています。練習時間が短いからこそ一球に集中して「県ベスト16」を目指しています。

卓球部・飛田一樹くん

「披荊斬棘」は大きな困難を乗り越えて前進していくという意味です。試合の結果だけでなく、人間関係やコート環境もみんなで協力して乗り越えて進んでいこうと思います!

男子テニス部・生駒大智くん

どんな環境でも、日々の練習場所があることに感謝をし、県大会ベスト8を目指し、練習に励んでいます。苦しい状況でも全員で前を向き、同じベクトルで進んでいくことのできるチームです。

女子テニス部・富樫彩香さん

「懸想」は部旗にも掲げている言葉です。日々の生活から礼儀正しく、練習や試合では泥臭い選手になれるよう、自分たちの想いをプレーに懸けて活動しています。

男子バスケットボール部・松田玲音くん

県大会出場を目標に、自分たちが練習や試合に懸ける想いを前面に出して試合に臨みます。ミスしたときは声を掛け合い、前向きにプレーするチームです!

女子バスケットボール部・小林美波さん

どんなときでも勝利を意識し、チーム全体の課題は何なのかを確認してメニューを考えています。目標の「県ベスト4」を達成するため、打球方向やフォームを意識した練習を中心に取り組んでいます。

バドミントン部・河本壮平くん

バレーボールは飛ぶスポーツなので、自分たちの目標である「県ベスト16」に向かって飛躍していこうと活動しています。背が低いので相手を惑わせるようなコンビバレーが得意です。

男子バレーボール部・柳川三四郎くん

「初志貫徹」をモットーに、女子バレー部は技術や環境もまだまだですが、力を入れていくにつれて、初心を忘れず、県相らしく頭を使ったプレーを目指しています。

女子バレーボール部・吉永彩花さん

「翔破」とは、飛行物体が目的地まで飛びきるということです。飛行物体が僕たち、目的地を目標の県ベスト16として、辛い時も助け合い最後まで飛びきることを目指しています!

男子ハンドボール部・久島怜也くん

仲間を信じて、きつい練習を耐え、技を極めて、目標の県ベスト16を目指しています。味方を使ったコンビプレーやディフェンスに力をいれています!

女子ハンドボール部・飯田千晴さん

自分や仲間、スタッフや保護者の方々のために頑張ることで「甲子園一勝」という目標を達成を目指し、感謝の気持ちを伝えるという「誰かのために」と目的を持って活動しています。

野球部・小島開陸くん

普段は明るく、練習や大会になると集中して、やるときはやるという意識で全員活動しています。練習前のキャプテンの挨拶など、誰かの一声で切り替えます!

陸上競技部・藤田直晃くん

気持ちが重くならないよう、明るいメンバーがそろっていることを強みに、「楽しく」をモットーに掲げています。1日を大切に練習に励んでいます!

空手道部・五斗田辰丸くん

練習時間が短いので、一回の練習を大切にするために「一射入魂」を部訓に掲げています。みんな弓道が大好きなので、学校が終わったらダッシュで弓道場に集まり、無駄のないように活動しています!

弓道部・田中智行くん

「雲外蒼天」は試練を乗り越えれば目標を達成できるという意味です。今の課題は人数が少ないことなので、人数を増やすことで、自分たちの目標達成を目指しています!

剣道同好会・菅野太朗くん

私たちは大会に出るのではなく、主に野球部の「応援」を目的として活動しています。大きな声や最高の笑顔で相手を圧倒させるような応援を目指して、「応援上等」を部訓に活動しています。

応援団部・飯田望未さん



topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)


関連するトピックスの記事はこちら