中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立港北高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

春に行われる大会に向けて、ただ走るだけでなく、基礎的な動きや、課題の克服に力を入れ、練習に取り組んでいます。目標は「1人でも多く県大会出場」することです!

陸上部・鳴海潤之介くん

バレー部は2013年に再始動し、その時に掲げた「CHALLENGE ON」をスローガンに、先輩が残した結果を超えられるよう、「県ベスト8」を目指しています。両サイドの決定力とミドルを積極的に使うプレーに力を入れ、攻めるバレーで勝ちに行きます!

男子バレーボール部・荒 啓斗くん

昨年、先輩達と一緒に「県大会出場」できず、悔しい思いをしたので、今年は絶対出場します!平均身長が低いので、小技を使い、繋いで勝つチームになりたいと思います。

女子バレーボール部・時枝桃子さん

代々の先輩が目指していた「県大会出場」という目標を僕たちも受け継ぎ、背が低い分、自分に厳しく、どこよりも走るチームで勝っていきたいです。

男子バスケットボール部・能見隆くん

私たちは「県大会ベスト8」を目指し、毎回の練習を質の高いものにできるよう、先輩後輩関係なく気付いたことを言い合って練習に取り組んでいます。

女子バスケットボール部・布川なるみさん

例年、二次予選に出場することができず悔しい思いをしたので、時には厳しく、意識を高め合いながら、「選手権二次予選進出」を目指し、チーム作りに励んでいます。

サッカー部・白木哲太くん

団体で「県ベスト8」を目標に、人数は少ないですが、限られた場所と時間の中で、筋力トレーニングを混ぜながら工夫して練習しています。

卓球部・小原 純くん

毎日地道に努力し、少しずつ強くなろうと「一歩前進」を部訓に掲げています。OBの方がよく練習に来て下さるので、ご指導いただいて自分を追い込んでいます。

柔道部・茂木大地くん

県大会ベスト16を目指し活動していますが、「志」を部旗に掲げ、試合に勝つことだけでなく、武道としての志を持って活動することを心掛けています。

剣道部・山岸亮太くん

冬は陸上トレーニングで身体をつくり、夏に向けての準備をしています。「県大会入賞」の目標を達成できるようチーム一丸となって活動しています。

水泳部・小名野秀貴くん

秋季大会では県大会1回戦敗退と悔しい思いをしたので「一球入魂」を部訓に、春季大会ではまず一勝することを目指しています。そのために一球一球全力で取り組み、勝つチームへ成長していきたいと思います。

野球部・森田柊司くん

走り込みなど、ラケットとボールを使わない練習こそ意識高く練習するよう心掛け、「団体戦本戦出場」を目指しています。練習はいつも楽しいです!

男子テニス部・杉田渉くん

試合に勝った時の喜びをチーム全員で感じることができるよう、「一生懸命」をスローガンに、大会で1つでも多く勝つことを目標とし、楽しんで活動しています。

女子テニス部・谷口里菜さん

バドミントン部は男女関係なく「切磋琢磨」し、刺激し合って活動しています。大会は男女別ですが、普段一緒に活動しているからこそ、お互い応援し合いチームとして戦う一体感があります!

バドミントン部・松尾友太くん


topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら