中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立氷取沢高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

自分の記録やベストを自分の限界と決めず、意識しないで突破するという意味で、「限界突破」を部訓に掲げています。練習で常にベストタイムを出せるよう、努力しています。

陸上競技部・佐藤陸夢くん

初心者も多く、人数も少ないので、まずはとにかく「明るく、楽しく、元気よく」バレーボールをやろうというチームです!

女子バレーボール部・岩本愛生さん

昨年、一昨年とあと一歩のところで県大会出場を逃し悔しい思いをしました。私たちの代は昨年からレギュラーのメンバーが多いので、今までの経験を生かして、今年こそは県大会に出場したいです!

男子バスケットボール部・駒谷雄大くん

昨年は県大会に出場することができず、先輩を越える成績を残したいという思いで、「県ベスト8」を目標に掲げています。新人戦に始まり、来年のインハイ予選までに1つずつ上を目指していきます!

女子バスケットボール部・鈴木愛理さん

団体戦で出場する約100校の頂点に立ってみたい!という気持ちから、目標は大きく、「県大会優勝」を目指し、日々奮闘しています!

男子ソフトテニス部・後藤佑貴くん

まだ達成したことのない団体戦での「県大会出場」を目指しています。みんな明るく、笑って疲れるほど、笑顔の絶えないチームです(笑)!

女子ソフトテニス部・米山友菜さん

人数が少ないですが、一人一人がお互いを注意し合うことで、自分も気を付けようという気持ちになるので、「切磋琢磨」して練習に励んでいます。「県大会出場」が目標です!

体操部・山口貴広くん

私たちが強くなるためには、自分に限界を作らず、失敗を反省し改善していく事が大切なので、ノートに書きとめて復習しています。試合では緊張せず、本戦に出場できるように自分らしく戦いたいです。

男子バドミントン部・山名弘将くん

「意識、集大成」は、「普段の練習意識高く」という意味や、「今この練習は試合のどの場面なのか」、「この筋トレでどこを鍛えているか」など様々な場面を想定しながら意識し行動するという意味で、私たちの大切な言葉として部旗にも掲げています。

女子バドミントン部・福地輝美さん

「二次予選出場」は近年達成することができず、先輩から代々受け継がれている目標です。自分たちの代では目標を達成し、新たな目標を立てられるよう頑張ります!

サッカー部・徳田皓己くん

まだ県大会に出場できるレベルではありませんが、個人戦、団体戦ともに、さらに上を目指せるよう、まずは「県大会出場」を目標に活動しています。

卓球部・古谷 涼くん

「勁直」は真っ直ぐ、心を落ち着かせるという意味があります。この気持ちを大事にして剣道に臨もうと、部訓に掲げています。昨年果たせなかった「県大会ベスト16」を目指して日々稽古に励んでいます。

剣道部・髙﨑泰智くん

まだ部が発足してから2年の新しいチームですが、この1年やってみて段々と力がついてきたので、目標の「本戦出場」に向け、みんながレベルアップして団体戦でも個人戦でも上を目指して頑張りたいと思います。

男子テニス部・岩﨑大輔くん

春の県団体戦の成績がベスト32だったので、次は「ベスト16」まで勝ち上がれるよう頑張ります。個人戦も同様に「ベスト16」を目指していますが、それまでに予選を含め8試合勝たなければならないので、体力をつけて試合に臨みたいと思います。

女子テニス部・川上百香さん

私たちは人数が多いのでビッグクラスでの「全国大会出場」を目指しています。一人一人の癖が出て少しでもずれてしまうと、全体に影響が出てしまうのがダンスなので、癖をなくし、息の合ったダンスで全国の舞台に立ちたいです。

ダンス部・本田ひかりさん

今まで先輩方が残してきた最高成績がベスト32なので、それを越えられるよう「ベスト16」が目標です。私立の強豪が多い神奈川で勝ち上がるのは厳しいですが、突破して良い成績を残したいです!

硬式野球部・山口翔馬くん
topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら