中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立横須賀大津高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

指導してくださる先生、一緒に戦ってくれる仲間、そしてプールに感謝して泳ぐという意味で「感泳」をモットーに活動しています。練習終わりにみんなでご飯にいくほど、学年関係なく仲の良い部活です。

水泳部・渡辺陸人くん

「楽しんでハンドボールをする」ためには、気持ちに余裕が必要です。その余裕を持つため、試合で緊張せずに、自分の最大限の力を発揮できるよう、日頃からできることに対してしっかりと取り組むことを大切にしています。

男子ハンドボール部・渡部大樹くん

元々は人数が少なかったのですが、笑顔で元気よくプレーすることによって、新入部員も増え、県でも少しずつ結果を残せるようになりました。同じレベルのチームとの試合では、持ち前の元気の良さで流れを掴み、勝利することができたので、自分たちの強みをもっと増やし、上を目指していけるように頑張ります。

女子ハンドボール部・三橋莉花さん

自分たちで話し合いながらチームをつくっていく部活にしたいという意味を込めて「本気」、そして「ほんき・まじ」では私たちの勢いに足りず、読み方を「ガチ」と決め部訓に掲げています。「ガチ」で県大会出場を狙います!

女子硬式テニス部・櫻井 茜さん

私たちが最上級生になって、声をかけ合うことで、部員みんなの卓球に対する意識の改善を行いました。その結果、先日の大会で今まで以上に勝てるようになったので、これからも一生懸命練習して、「県大会出場」を目指します。

卓球部・楠 温登くん

個人戦でも団体戦と同じ気持ちで、1球1球にみんなの気持ちや応援の声を込めて「二人で一本、みんなで一本」を部訓に活動しています。練習では、ミスをしたら励ますのではなく、意見を言い合えるような信頼関係を大切に、声を出して盛り上げています。

女子ソフトテニス部・金子ほのかさん

チームプレーの中で、自分たちらしさを出すため、監督に言われたことだけでなく、自分の思ったことを100%表現できるよう「チームの個性を活かす」を部訓に練習しています。試合中声の出し方が変わり、気持ちが一つになる瞬間をみんなが個々で感じ取り、良いプレーに繋げることのできるチームです。

男子バレーボール部・長安佑樹くん

日頃から試合のイメージを持って練習に取り組んでいます。全員がセッターの練習を行うため、アタッカーやレシーバーの気持ちを理解でき、全員で攻めることを心掛け「関東大会出場」を勝ち取ります!

女子バレーボール部・角田祐夏さん

0.01秒を争う競技なので、まずは「昨日の自分に勝つ」ということを大切に、「喜び合える部活」を目標として、誰か一人でも自己ベストが出たときはみんなで喜び合える部活を目指しています。

陸上競技部・酒井拓哉くん

人数が少ないので、一人一人が戦力になるということを大事に、試合での良いパフォーマンスのために、どれだけ試合に近い練習ができるかを話し合いながら「一所懸命」に練習に取り組んでいます。目標は「県大会出場」です!

男子バスケットボール部・濱田達哉くん

ボールや勝ちに対して気持ちで負けないように「執着根気」を部訓に掲げ、どのチームよりも一生懸命に練習することを心掛けて、人数が少ないからこその絆を武器に、「全国出場」を目指します!

女子バスケットボール部・深山明優さん

バドミントンの上達のためにも、勝つためにも、「心技体」の全てが揃っていないと、一番大切な土台をつくることができないので、勝ちあがるチームになるために、この言葉を部訓に掲げ、メリハリのある練習でレベルアップを図っています。

男子バドミントン部・石田洋英くん

人数が多いことや、夏は体育館を締めきりにしなければならないなど、熱気でツラいこともありますが、いつも笑顔でいることや、ハイタッチをすることで、みんなで頑張ろうという想いで「一笑懸命」を部訓に掲げています。みんなが積極的にコートに入るので、争奪戦となりますが、その分上達は早いです!

女子バドミントン部・土屋亜美さん

仲間の存在があってこその勝利だと思うので、励ましあって盛り上げて練習しています。グラウンドではお互いに厳しく、部室ではにぎやかに、切り替えがはっきりしているところがチームの魅力です。

野球部・松井僚太郎くん

「一戦必勝」を目標に、試合を1つずつ着実に勝っていけるよう、一つ一つの動きを大切に練習しています。先輩の代の大会では、自分たちの強みである元気の良さで勝ち進めたと思うので、今年も昨年に負けないくらい自分たちの実力を発揮したいです。

サッカー部・渡辺雄哉くん

ダンス部は、ゆるい印象があるかもしれませんがそれが私たちの長所であり、その「仲の良さ」で、地域のイベントと学校の行事を中心とした発表の機会で沢山の人を惹きつけることを目標として活動しています。アーティストの完コピや、JAZZなど、発表の場に合わせてジャンルを変え、盛り上げています!

ダンス部・城 ほたるさん

部員は9人、うち初心者が3人のチームなので、助け合いながら、一人でもケガで欠けないよう、声を出し合って楽しく活動しています。「9人団結」をモットーに、シード校を倒して「県ベスト16」を目指します!

ソフトボール部・田中真梨子さん

それぞれが目標に向かって、日々試行錯誤して、お互いに刺激を与えながら、成長していける部活を目指し、「精進」を部訓に掲げています。「県大会ベスト8」が目標です。

剣道部・海保 諒くん
topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら