中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立旭高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

まだまだのチームなので、一人でも多くの部員んが上の大会に挑戦できるよう目標に掲げています。

陸上競技部・塩谷祐樹くん

「No Swim No Life」は水泳がなければ生きていけない、水泳好きにはたまらないという意味で掲げています。

水泳部・佐藤颯馬くん

昨年出場出来なかった県大会に今年こそ出場するという思いを込めて目標に掲げ、笑顔で毎日全員活動しています。

バレーボール部・黒崎あかねさん

今までまだ出場できていない県大会に、今年こそ出場できるよう、「県大会出場」を目標に掲げています。挨拶もしっかりして、校外の人たちにも旭高校の良いイメージをアピールしています。

バドミントン部・平山舞香さん

毎年学年毎にテーマがあり、自分達の代は「挑戦」をテーマに掲げています。今年から神奈川県はリーグが2つに別れ、旭高校は強豪校が多いリーグで強豪チームを相手に挑戦しています。

サッカー部・小林 蓮くん

神奈川県ベスト8が目標なので、まずはベスト16になって、ベスト8を達成できるよう目標に掲げています。

男子ハンドボール部・山口正斗くん

日々の練習を大切に、少しずつでも上手になればという思いで、日々前進を目標にしています。

女子ハンドボール部・山中郁茄さん

神奈川県には強豪私立高校が多く激戦なのですが、打倒私立で、個人・団体でベスト16に入れるよう目標に掲げ活動しています。

男子テニス部・佐藤領太くん

練習中は、ただ沢山球を打つのではなく、一球一球試合を想定したイメージで練習しています。そんな思いを目標に掲げています。

女子テニス部・代田さつきさん

大会本番で実力を出し切れず、関東大会出場を逃してしまうという事があったので、練習から本番を意識して活動しています。

ライフル射撃部・鈴木滉貴くん

自分自身が楽しく踊ることも大切なのですが、それだけでは観てくれるお客さんは楽しめないので、楽しさを伝えられるようなダンスができるよう、目標に活動しています。

ダンス部・長林明花さん

目標は県大会に出場してベスト8に入る事なので、チーム全員切磋琢磨し練習しています。

男子バスケットボール部・佐藤祐貴くん

インターハイでは全国ベスト8を目標にしているので、しっかりとした高校生になることが、結果につながると思っています。部活だけではなく勉強も含めて学校生活を大切にしていき、絶対に全国ベスト8の目標を達成します。

女子バスケットボール部・角田愛珠さん

私立の強豪校が関東大会に出場しているので、公立も頑張って出場できるよう目標に掲げています。

柔道部・西 賢人くん

個人はもちろんのこと、団体は人数が少なく合同チームでの出場なのですが、お互い高め合って勝てていけたらと思っています。

女子柔道部・野宮琴音さん

目標である、夏の大会でベスト32に入るために、挨拶、返事、全力疾走を大切に一致団結して活動しています。

硬式野球部・小笠原秀将くん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら