中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立小田原城北工業高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

自分の実力ではまだまだですが、インターハイに出場するのが目標です。昨年は関東大会までしか行けなかったので、今年は絶対にインターハイに出場して、個人タイトルを取りたいです。

陸上競技部・矢後忠遵くん

前回、先輩がベスト16という記録を作ったのですが、自分達の世代では、神奈川県ベスト4まで行きたいです。そのためにもまずは「ベスト8」を突破するという目標に向かって頑張ります!

サッカー部・小澤佑哉くん

「挑戦」という合言葉を背負って、今年はベスト2を目指してインターハイ出場を目指しています。今のチームは、とても素晴らしい仲間が揃っているので、必ず出場できると思い練習しています。

バレーボール部・東 桂大くん

顧問の先生から、「友達は作った方が良い」と言われ、練習試合で対戦した相手チームの選手に自分たちから声をかけて話しをすると、たくさんの友達が出来て仲良くなれます。そして今年から、技術力を高めていく事を目標に取り入れて質の高い練習にも力を入れています。

バドミントン・星 貴之くん

弓道場に飾ってある言葉で、「たくさん練習したものを自分のものとして習得し、その経験を生かそう」という意味があります。今年で引退なのですが、最後の大会は一致団結して結果を出したいです!

弓道部・市川里帆さん

この目標は、小田原市栢山(かやま)出身の二宮金次郎の言葉で「小さな事をこつこつ積み重ねていけば、やがて大きな成果が生まれる」という意味がこめられています。いつも自分たちに言い聞かせて頑張っているので、今年は県大会出場を目指します!

バスケットボール部・宇井昇太くん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら