中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立厚木東高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

部活動を通し、技術の取得、スキルアップだけを追い求めるのではなく、大好きな部活をやらせて頂いている両親や顧問の先生にしっかり感謝する事で、自分達も一歩大人に成長していければという思いを込めて目標に掲げています。

ソフトテニス部・草刈海斗くん

先輩が引退し部員が6人なので、1日1日を大切にして、大会で勝つという結果だけを求めるのではなく、練習の過程を大事にしていければと思い、メンバーみんなで話し合ってこの部訓にしました。

女子バレーボール部・関原ひなさん

目標を低くしても高くしても、自分達のやるべきことは変わらないので、それならば、大きな目標をかかげ、それに向かって進んで行きたいです。また、個人としては、インターハイで個人戦に出場する事ができたので、全国で優勝できるように頑張ります。

バドミントン部・守屋美紅さん

3年生は、全国で勝つという意識を持ったメンバーが集まったチームなので、目標はもちろん全国制覇です。神奈川県のインターハイでは優勝したのですが、公立高校で全国出場しているチームが少ないので、僕達はチャレンジャーとして、1試合ずつ戦い勝って、優勝したいと思います。

男子バスケットボール部・富樫颯人くん

チームの目標は県大会出場なのですが、それぞれが個人の目標も立てていて、私は先回りをしないで一歩ずつステップを踏んで目標を達成していこうと思っています。県大会出場という目標も、チーム全員で決めて達成するために毎日ノートに記録や反省を書いて活動をしています。

女子バスケットボール部・平島ひなのさん

「れんこん」と読むのですが、稽古を通し実力を向上させるのと同時に、精神面やメンタル面も向上できるよう心掛け毎日頑張っています。入学した当初からこの部訓はあり、練習の時も試合の時も、部訓を見て自分を見直すようにしています。

剣道部・旭野 輝くん

厚木東高校は、弓道場がとても立派で県大会も開催されます。その立派な場所で練習できるというのは、とても有難い事なので、この環境を生かし、夏大会や秋大会の団体戦で結果が残せるように、先輩達が強かった厚木東になれるよう励んでいきたいです。

弓道部・斎藤滉希くん

目標は「水泳魂~do my best ~」です。水泳魂は、部活中に意識している事で、魂を込めて練習すれば、大会でも良い結果が出せるだろうという意味。do my bestは、個々がベストを尽くせという意味で、僕が部長になってから部の目標にしています。部員みんなでこの目標を掲げて、魂を込めて頑張っています。

水泳部・西澤一輝くん

昨年の選手権では、ブロック決勝まで進む事が出来ました。しかし、そこで勝つ事が出来なくてとても悔しい思いをしたので、今年は必ず2次予選に進出できるように目標として掲げました。

サッカー部・堀切優輝くん

蓋世不抜は四字熟語で、一度決めたことは最後までやり遂げるという意味です。ベスト16という目標があり、目標を掲げたからには必ずそれを叶えるまで一歩も引かないという気持ちで、諦めずにやっていきたいです。

ハンドボール部・府川巧汰くん

見ている人達に元気になってもらいたいので、まずは、踊っている私達が笑顔で楽しんで出来るように、それを目標に頑張っています。そして、自分が苦しい時でも、観てくれている人達が笑顔でいると、そこから元気をもらって最後まで頑張ろう! って思えます。

バトントワリング部・鍬田亜美さん

メンバーで考えた目標は「一勝懸命」です。生を勝に変えています。1試合に全力を尽くして、しっかり一勝を取っていこうという意味です。試合はもちろん練習の時もこの目標があれば意識して出来るので、良い目標だと思っています。

女子サッカー部・木下あやさん

みんなで心をひとつにして人形を使えば、人形に魂が入るという意味です。ただの演劇ではなく、自分の気持ちを人形に映して演技をするという楽しさが、神奈川県代表として全国大会でも伝われば良いなと思います。

人形浄瑠璃部・市川真結さん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら