中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立厚木商業高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

「無断欠席はしない」という基本的なことをしっかり守って泳ぐことを一番に考えています。目標は、チームのリレー種目でしっかりとした成績をおさめることと、去年よりもタイムをあげることです。そして1年生や2年生をしっかりサポートできるキャプテンになることです。

水泳部・林 辰哉くん

全員が県大会に出場したいという思いなのでこの目標にしました。同じ地区には県大会1位の厚木東高校がいるので、そのチームに追いつけるように、初戦突破して勝ち続けていきたいです。

男子バスケットボール部・岩澤竣哉くん

試合では必ず初戦突破することを目標に、日々練習しています。メンバーみんな意識が高くて声も出してプレーしているので、昨年よりもさらに上の成績を取れるように、今度の新人戦は頑張りたいと思います。

女子バスケットボール部・中島 玲さん

邪念や欲望を抑えて自分に勝って集中して戦うという思いを込めて、部員全員で考えてつくりました。そして、全てに打ち勝てという言葉は、自分に勝つだけではなく試合にも勝つという意味も込められています。今年は団体戦で、ひとつずつ勝って上に進んで行きたいです。

ソフトテニス部・平林孝隆くん

まずは団体戦で結果を出したいです。自分達の代では、1回戦突破は達成できたので、さらに上を目指すために地区ベスト4という目標に向かって勝ち進んでいきたいです。

バドミントン部・奥田総輝くん

毎日の練習を大切にし、顧問の先生指導のもと、ひとつでも多く勝って上位を目指して頑張っています。まずは一次予選突破を目標にメンバー全員で活動しています。

サッカー部・大谷地新芽くん

2年生が2人、1年生が5人という少ない人数ですが、顧問の先生に指導してもらいながら練習をしています。先輩達が成し遂げた神奈川県ベスト16を僕たちも目標にして一つでも多く勝ち進みたいです。

男子ハンドボール部・青木康太くん

チームの目標は関東大会出場です。先輩の代から引き継がれている部訓「為せば成る」を自分に言い聞かせて、最後の1分1秒まで走りきるというのが私自身の目標です。関東大会までの道のりは厳しいですが、決して諦めません。

女子ハンドボール部・阿部美衣菜さん

昨年、先輩達が県大会出場という輝かしい成績を残したので、僕たちも県大会に出場できるよう毎日練習しています。個人の目標としては地区大会でベスト8に入ること。そしてチームとしては県大会でベスト8に入ることです。

卓球部・石井寿康くん

努力・感謝・マナーをかかげて活動しています。努力することはもちろん大切ですが、ソフトボールをするだけではなく、人として何が大事がということを顧問の先生から教えられています。今度のインターハイにも出場することになり、メンバーみんなで日本一を目指します。

ソフトボール部・木原菜々子さん

重量上げという競技は、筋肉が必要なのでトレーニングは筋肉痛になるように自分を追い込んでいます。個人の目標は世界大会で世界一になることです。チームとしては全国大会での好成績を目指して、毎日の練習を集中してやることを一番に考えています。

パワーリフティング部・村田元輝くん

安全に楽しく登山することを第一に考えて活動しています。神奈川県内の山は、たくさん登っているのですが、ハードな部活なのでいかに継続して登頂するかが大切になってきます。私は今年で引退ですが、部員も増えて団体戦も期待できるので、後輩には頑張ってもらいたいです。

ワンダーフォーゲル部・神山幸菜さん

この部活に入った時から、インターハイ出場を目標にして今まで頑張ってきました。チームのみんなとも話し合いをして、より意識も高くなり良いチームになっています。雨の日は筋力トレーニングも行い、個人的にはベスト4を目指して活動しています。

硬式テニス部・髙虫正和くん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら