中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

神奈川県立厚木北高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

個人の能力だけでなく、組織としてメンバー全員ひとつの気持ちになり戦って行きたいと思っています。そこで、全員バレーで頂点へ、という目標にしました。

女子バレーボール部・木村優花さん

努力無限という部訓は、努力をしっかりして最後まであきらめずに戦うという気持ちを目標にしたものです。入部する前から先輩たちも受け継いでいる部訓なので、私たちも努力し続けようと思います。

女子バスケットボール部・平山菜々美さん

自分が陸上競技部に入る前から受け継がれている部訓で、鉢巻にもこの文字が書かれています。文字通り、ひとつの事に物事を集中させるという意味です。鉢巻をして大会も集中して挑みます。

陸上競技部・髙久隼人くん

目標は常に高く持ち続けないと、練習に気合が入らなかったり、目的もなく練習をしてしまったりするので、関東大会出場という目標を設定し部員みんなで目標達成ができるよう頑張ります。

硬式テニス部・大門秀有くん

3年生に字と絵がすごく上手な俊足の外野手の選手がいて、目標を書いてもらいました。目標はもちろん甲子園出場です。チーム全員がこの目標に向かい毎日の練習を頑張っています。必ず勝って甲子園に行きます。

野球部・獅々倉礼くん

いくら良いゴルフが出来てスコアが良くても、人として形成していなければ、プロになっても周りから注目を浴びないし、人からも好かれず、周りからの応援もして頂けなくなるので、マナーをしっかりする事で行動も伴ってくると、先生の教えが部訓になっています。

ゴルフ部・立石胡芭留さん

当初は女子部員が少なく、大会に出場できなかったのですが、今年は女子部員も増え、先輩達や男子部員も、関東大会に出場したので、女子も男子も一緒に関東大会出場を目指して頑張りたいと思います。

ソフトテニス部・大久保佳哉子さん

昨年の結果に満足せず、今年は必ず大会で上位に行きたいので、目指すは決勝リーグ進出です。神奈川県はチーム数も多いので、楽な道ではないですが、気持ちで負けないよう、一戦必勝で結果をだせるよう頑張ります。

ハンドボール部・関戸優太くん

夢を追って柔道をしていれば、それがだんだんと自分の力に変わっていくという部訓です。横断幕もあるのですが、僕の夢は団体戦で上位、県ベスト4に入る事なので、日々練習に励んでいます。

柔道部・麻生晴友くん

「ふたいてん」と読みまして、どんな相手にも恐れずに立ち向かって、正々堂々と戦えるようにという意味です。部員を増やして剣道部をもっと活性化させていきたいです

剣道部・矢野洋人くん

昨年、先輩たちと一緒に出場した試合で、県大会ベスト32まで進むことができ、その時、それ以上を目指したいという気持ちが芽生えました。そこで、県大会ベスト16以上を目標に、個人も団体も、みんな力を合わせて進んで行きたいと思っています。

バトミントン部・荻嶺彩花さん

神奈川県でベスト16に入ろうという目標をチームでかかげ日々練習をしています。メンバーが一致団結して試合に集中すれば、団体戦でベスト8までは目指せると思うので、がんばって練習します。

卓球部・高瀬拓巳くん

毎年、関東大会や全国大会に出場しているので、その輝かしい伝統をしっかり守り、これからも一人一人がレベルアップしていきたいと思います。秋季大会では団体戦で優勝したこともあるので、私自身のレベルをもっと上げて、個人も団体も両方頑張りたいです。

弓道部・内田那南子さん

退任された先生が残してくれた言葉で、努力する者は、必ずその夢が叶うという言葉です。夢が現実になるという言葉に変えて、部訓にしています。夢は総体でベスト8に入り関東大会に出場できるよう、日々練習を頑張ります。

男子バスケットボール部・中島翔吾くん

大会はもちろん、練習でも魂を入れて泳ぎ、ベストスコアが出せるようにという気持ちを込めてこの目標にしました。泳と魂という文字だけ赤く書いた理由は、自分達の気持ちが伝わればというアツい思いです。みんなで魂を込めて泳いで、最後に結果を出して笑っている顔が見たいです。

水泳部・佐藤大翔くん

ダンス部は、「インスパイリングディートゥルーパー」というチーム名で、意味は、ダンスで人を感動させるということです。大会で入賞も大事ですが、見てくれた人を感動させたり、笑顔にさせたりすることも大事だという思いもあり、この言葉を大事に活動しています。

ダンス部・田中千晶さん

前回の関東大会に出場し、神奈川県準優勝を果たしたのですが、優勝できなかった悔しさがあるので、今度は、神奈川県でナンバー1になり、インターハイや選手権で全国制覇できるようチャレンジしていきます。

サッカー部・笹野 駿くん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら