中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS

法政大学野球部主務 渡辺悠大

『マネージャー=裏方』そんなイメージがあるかもしれません。でも、チームに貢献するための役割についているだけなんです。フィールドには立てないけど、勝ちたい気持ちは選手と同じ。だから、『裏方』ではなく、『マネージャー』として一緒に戦います!!すべてはチームのために・・・そんなアツい気持ちで戦うマネージャーへのインタビュー。
ということで今回から始まりました『MG白書~マネージャーは裏方じゃない!~』。記念すべき第一回目にご登場いただくのは、法政大学野球部で主務を務める渡辺悠大さん(法政大学第二高校出身)です。彼自身、『マネージャー=裏方』という概念を崩すべく、チームが掲げる日本一という目標を達成するための役割に全うし、チームに貢献する方法はいくらでも見つけ出せると、日々アツく活動しています。渡辺悠大さんにとってマネージャーとは。

野球部を代表する『チームの顔』


渡辺さんがマネージャーをはじめたきっかけを教えてください。

将来、海外でグローバルに活躍したいという夢のためにマネージャーになることを決めました。野球部で学生コーチを務めていた高校3年生の時、大学でマネージャーになるか、夢のために留学をするか悩みました。しかし、高校で果たせなかった『日本一』という目標をもう一度本気で目指したいという想いと、大学野球のマネージャーは誰にでもできる経験ではない、コミュニケーション能力も鍛えることができ、将来世界で通用するスキルアップにつながるのではと考え、決断しました。

渡辺悠大

素晴らしいですね! ところで、チームの目標は。

もちろん、日本一です!

渡辺悠大

では、日本一になるための主なマネージャーの仕事内容は。

マネージャーはグラウンドの一歩手前までしか入れません。そこでベストな環境を選手に提供すること、選手と監督のパイプ役となりチーム全体を見渡しマネジメントすることが責務だと思っています。

渡辺悠大

中でも特にこだわって携わっている渡辺さんの役割は。

私は主務として活動をしているので、六大学野球連盟の仕事が主ではありますが、チームで一番の役割は、年に3度あるキャンプの手配を1から行うことです。バスや飛行機の時間によって練習に割ける時間もかわるので、何度も計画を練り、少しでもよいタイムスケジュールを組む事にこだわっています。また、チームの予算管理もマネージャーの大切な仕事の1つです。日本一という目標を達成するため、どこに予算を使うのがベストかを監督と話し合いながら決めています。

渡辺悠大

渡辺さんがマネージャーの経験を通して得たこと学んだことはなんですか。

私が一番大切にしていることは『二手先を読む』ことです。監督や選手の考えの2つ先を考えることを心掛けています。

渡辺悠大

その心掛け、今後どのような道で活かしていきたいですか。

世界を動かすような人間になることが一番の目標なので、日本に留まらず、世界で、今まで身に付けたスキルを活かして活躍したいです。現時点では、商社マンとして日本と海外の橋渡しになるような仕事ができたらと思っています。

渡辺悠大

最後に、渡辺さんにとってマネージャーとは。

『チームの顔』です! 監督ではなく、マネージャーがチームの代表として外部の沢山の方々と関わることが多いので、自分が法政大学野球部を代表する『チームの顔』だという意識を大切に日々活動しています。

渡辺悠大

ありがとうございました。

最後に告知させてください! 現在、法政大学野球部は2017年春に向けて法政大学応援団にご協力いただき、沢山の人を巻き込んでスタンドをオレンジに染める企画を計画中です! いつもとは違う応援になると思いますので楽しみにしていてください!

渡辺悠大

楽しみですね! 応援しています!

関連するトピックスの記事はこちら