中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

桐光学園中学校・高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

2年間を通して、スキーだけでなく、陸上トレーニングにも励んできたので、ツラい練習を一緒に乗り越えてきたチームメイトと全員で「関東大会出場」という同じ目標を目指しています。

男子スキー部・外村 海くん

テニスの試合ではメンタル面が重要になり、最終的に自分に勝たなければ試合にも勝てないため、「克己」を部旗にも掲げ、自分に厳しく活動しています。

硬式テニス部・広瀬大瑚くん

大事な試合でミスをしないよう、練習でも常に一本一本を大切にしていこうと、「一球入魂」を部訓に掲げています。4月に行われる県大会に出場することが、チームの目標であり、私の目標です。

女子バドミントン部・下平涼葉さん

昨年の関東大会では、あと一歩のところで入賞を果たすことができず悔しい思いをしたので、今年こそ「関東入賞」できるよう日々練習に励んでいます。チームでは全員で関東大会に出場することが目標です。

女子スキー部・矢吹沙梨さん

団体戦で勝つためには、一人一人が全力を出して「団結」しているチームになることが大切です。それは個人戦も同様で、応援も全力で「団結」して行うことで個人の勝利に繋がるので、チーム一丸となって勝利を重ねていきたいです。

中学男子硬式テニス部・河村拓真くん

僕はとても負けず嫌いなので、負けなしで勝ち進み「大会制覇」をすることが目標です。チームでは、ベスト8に入って上の大会に出場することを目指しています。

中学男子バドミントン部・畑島伸哉くん

昨年「県大会出場」を目標に掲げ達成することができましたが、結果は1回戦敗退でした。今年はもっと上を目指すため、まずは「県大会出場」を目指し、そして1回戦、2回戦と1つでも多く勝つことを目標に頑張ります!

女子バスケットボール部・白井ひな子さん

陸上競技は個人種目ですが、練習や試合ではみんなで一丸となって戦えるよう、練習中以外でもコミュニケーションを取ることで、「チーム力」の向上を図っています。

陸上競技部・高東萌伽さん

先日のインターハイは「日本一」を目標に臨みましたが、ベスト8で負けてしまい悔しい思いをしました。次はウィンターカップがあるので、今度こそ「日本一」を果たせるよう、日々努力しています。

男子バスケットボール部・伊藤航大くん

先輩達が果たせなかった「市大会優勝」を果たすため、高い目標ではありますが、日々の練習を頑張って技術を磨き、チーム力を高めていきたいです。

中学男子バスケットボール・池口裕崇くん

大きな志を持ちチーム一丸となって頑張っていこうという意味で「大志」を部訓に掲げて活動しています。

中学女子バスケットボール部・石田慎琴さん

大会も練習も一本一本大切に走ろうという意味で「一走懸命」を部訓に掲げています。私は常にベストが出るように心掛け、日々の練習に励んでいます!

中学陸上競技部・鶴 虹歩さん

「文武一道」は、柔道も勉強も別と考えずに、一緒に頑張るという意味で部訓に掲げています。勉強も疎かにせず、柔道でも県大会を目指して両方で結果を出せるよう頑張ります!

柔道部・山崎佳祐くん

「乾坤一擲(けんこんいってき)」は自分の運命をかけてイチかバチかの賭けにでることで、気概を持って練習や試合に臨むことを意識しています。「関東大会出場」が目標です!

空手道部・小泉颯太くん

「力戦奮闘」は自分たちの持っている力や技を練習でも全力で発揮することが、試合にも繋がってくるという意味で、試合で100%の力を発揮できるよう、常に全力でプレーすることを心がけています。

FC栗の木サッカー部・上山直弥くん

部員数が少なく、その中で初心者も多いため、自分たちのペースで1本をとりにいき、ダブルスでは全ペアが市でベスト16に入り県大会に出場することを目標としています。更に経験者は県でも上位を狙えるように頑張っていきたいと思います。

ソフトテニス部・中村友哉くん

私たちは全国大会に出場することを目標に、普段の練習や試合で、今まで身に付けてきたことを全て発揮できるよう、「力戦奮闘」を部訓に活動しています。春のインターハイ予選で初めて上位4チームに入ることができましたが、全国の舞台に立つことはできなかったので、目標達成のために日々奮闘しています!

女子硬式テニス部・田母神 茜さん

ダンス部はもともと同好会からスタートしましたが、今では137人という大きな部活になることができました。ここまで成長することができたのは、多くの方々が支えてくれたおかげなので、日々の練習の中でその感謝の気持ちを忘れないように活動しています。

ダンス部・専田梨瑛子さん

今年先輩達の代で関東大会に出場したので、その上を目指すため、「全国出場」を目標に掲げています。そのためには、まずは神奈川県2連覇を達成できるよう、一戦必勝で戦います!

中学サッカー部・藤田敬斗くん

私たちの代は、努力が足りないと言われているので、何事も挑戦すること、そして努力することを心がけています。そして「Now is the Time, or Never」=「今が頑張る時」という言葉を胸に日々厳しい練習に励んでいます。私はチームの絶対的エースになることが目標です!

中学女子バレーボール部・宮里夏輝さん

チーム全員が引退するまでに、県の標準記録を切って、県総体に出場することを目標にしています。僕は3年目で県総体に出場することができたので、次は自己ベストを更新することを目標にしています。

中学水泳部・笠井健太郎くん

先輩達が立てた「川崎市ベスト4」「県大会ベスト16」という目標で、唯一まだ達成できていない「県大会ベスト16」を目指し、先輩達を超えるという強い気持ちを、新チーム初のミーティングで、再確認しました。僕たちが先輩達の無念を晴らします!

男子バレーボール部・橳島太郎くん

自分達がソフトボールをできるのも支えてくれる人がいるからであるということや、親への感謝を忘れずに頑張っていこうと「感謝」を部訓に掲げています。県大会で上位に勝ち上がれるよう頑張ります!

ソフトボール部・村上亜美さん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら