中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

東京都立石神井高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

常にチャレンジャー精神を持って、何度やられても折れずに立ち向かっていこうと「百折不撓」で頑張っています。人数が多い分、しっかり団結して、チームのノリの良さを強みに、プレーも応援も盛り上げます!

サッカー部・萩野泰弘くん

普段から強豪の私立校を倒すことを考えて練習しています。そのために、声を出すこと、ディフェンスを強固にすること、リバウンドをしっかりとることを意識して「関東大会出場」を目指します!

男子バスケットボール部・鈴木寛人くん

みんなで声を出し合って盛り上げながら、ディフェンスで強いチーム作りをめざしています。自分が諦めそうなときも自分次第で良くも悪くもなるので、「Best16」に向かって最後まで戦い続けます!

女子バスケットボール部・山本蒼奈さん

大会前は気持ちを高めて1つ1つを大切に勝っていけるよう準備をしています。人数が多いので、上級生が下級生を引っ張っていき、チームを「Best16」に導けるよう頑張ります!

女子ハンドボール部・越智美友さん

挨拶や返事を徹底して、野球以外の面で成長できるよう、「凡事徹底」を掲げて活動しています。1人1人個性があり、盛り上がるところは盛り上がり、真剣にやるときは真剣に、メリハリをつけて全員で甲子園出場を目指しています!

野球部・菊地 健くん

「東京ベスト8」を目標に、日頃から試合をイメージして練習しています。コンタクトの練習を中心に取り組んでいるので、接点に強いラグビーをしていきたいです!

ラグビー部・石橋誠一くん

今までの成績が都大会でベスト16のため、今年は経験者も多く、「ベスト8」を狙えるチャンスだと思っています。応援してくれる方々の期待に応えられるよう、基礎を固めて1つずつ確実に勝利を重ねていきたいです。

ソフトボール部・坂本 凛さん

みんなで声を出し、お互いに教え合いながら、「みんなで協力して全力で頑張る」をモットーに活動しています。上手な1ペアがいるので、みんな追いつこうと必死で頑張っています!

バドミントン部・野瀬里彩子さん

日々の練習から自分を追い込んで、自己記録をコンマ1秒でも更新できるよう「限界突破」を掲げて活動しています。そのために、常に同じ種目の仲間でありライバルと競いながら高め合って練習に励んでいます。

陸上部・落合剛汰くん

今年は部員数も多いため、練習メニューも工夫できるようになりましたが、まずは疎かになっていた基礎練を徹底的に行っています。そして、僕たちの代で石神井のテニス部に過去の栄光を取り戻します!

男子テニス部・飯田憲生くん

僕は警察官という夢のため、柔道を始めました。始めは痛くて嫌だなと思ったこともありましたが、練習をするうちに柔道の楽しさに引き込まれました。“強豪復活”のため、まずは柔道の魅力を伝え、部員を増やして団体戦に出場します!

柔道部・加藤大紀くん

日々の努力を積み重ねることによって、チーム力も上がり、技術力も高められると思うので「日々努力」を部訓に掲げています。試合に1つでも多く勝利することを目標に、明るく元気に活動しています。

女子テニス部・佐々木舞さん

水泳部はとても仲が良いですが、ライバルとしてお互いに高め合いながら「切磋琢磨」して練習に励んでいます。その練習の雰囲気が、リレーでいい流れを作ることができたり、応援の盛り上がりにも出ていると思います!

水泳部・須崎瑠海さん

2年生が少ないため、1年生が積極的にプレーできるよう、声を出して引っ張っていこうと努力しています。「Best32」を目標に、背が低い分、ボールを繋げて元気にプレーするチームです。

女子バレーボール部・赤祖父真衣さん


topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら