中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

昭和第一学園高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

まず自分に勝てないと相手にも勝つことはできません。そのために、自分の持っている力を最大限に出すことが必要なため、「克己心」を大切にしています。チーム力と後半勝負で勝ち上がることを強みとして、西東京大会制覇を目指します。

野球部・木内健二くん

5年前にインターハイ、全国選抜で総合優勝してから「王座奪還」を目標にして活動しています。学校の近くの立川競輪場でトレーニングをしたり、休みの日には奥多摩まで長距離150kmを走りに行くこともあります。思うような走りができず、練習に迷いを感じたこともありましたが、勝った時の感動を思い出して、目標に向かって突っ走ります!

自転車競技部・片桐東次郎くん

2年生が4人しかいないということ、身長が平均的に低いということもあり、生活面でも、プレーするときも組織として動いていかなければならないので「チーム力」を目標として活動しています。プレー中に1年生が先輩に気を使わないことや、2年生だから、1年生だからという区別がないことが、普段からのコミュニケーションで培っているチームの魅力だと思います。

男子バスケットボール部・木村秀平くん

今まで、シュートが決まっていたら勝てていたという後悔した試合が多かったため、練習から1つ1つのシュートを大切に「一球入魂」を心掛けています。ボールを持たない練習は特にキツイですが、その練習こそ大事だと思うので、みんなで声を出して笑顔で乗り越え、目標の3部昇格を目指します!

女子バスケットボール部・萩原咲己さん

「心身一如」の通り、技術も大事ですが周りとのコミュニケーションがあってこそ成り立つスポーツなので、心と体を繋げたプレーを心掛けています。先日新人戦でベスト32に入ることができたので、次の本大会と私学大会、ウィンターカップで上位を目指していきたいと思います。

男子バレーボール部・豊永 陸くん

監督の母校であり、箱根駅伝で有名な東洋大学陸上部と同じ、「その1秒を削り出せ!」を部訓に掲げ、短距離も長距離も、1秒を削るための練習に励んでいます。練習では試合を意識し、自主トレや帰宅後の筋トレなど工夫をして1秒を大切にしています。

陸上競技部・峠 慎太郎くん

練習での素振りや打ち込みで、回数が多くても1本でも、「全力」で取り組むことを大切にして、それを試合にも活かし良い結果を残せるよう練習に励んでいます。礼儀で褒められると、剣道をやっていて良かったなと思います。剣道は個人競技ですが、チームメイトと団結して勝ち進んでいきたいです!

剣道部・西迫柾也くん

学校にはプールがなく、週2~3日地域のプールで泳いでいるので、夏でも毎日泳げないことがデメリットですが、冬のオフシーズンでも泳げることができます。そのため、練習での貴重な「一泳」に「魂」を込めて取り組んでいます。新しい種目にチャレンジするメンバーもいたり、新しい目標を立てたりと、各個性の色が様々なことが私達の色であり、賑やかなチームです!

水泳部・川﨑俊介くん

1つ1つの「拳」に「魂」を込め、外部コーチが積極的に教えてくれるので、とても恵まれた環境で練習をすることができます。ここ数年関東大会出場が途絶えているので、「関東大会出場」そして全国へ勝ち上がれるチームになります。

空手道部・船原 優くん

どんな練習試合や公式戦も大勝負をして負けない気持ちで「乾坤一擲」を掲げて活動しています。今までで一番印象に残っていることは、夏合宿で試合後に30km走るメニューです。とてもツラかったですが、励まし合い、これで一段と団結が強くなりました。メンバーのクセが強く、それがチームの武器となり、まとめるのがとても大変であり楽しかったりもします(笑)。部長とゲーム内キャプテン、アップリーダーなど、それぞれ役割を持って話し合い、チーム力を高めて、選手権ベスト8を狙います。

サッカー部・沖 雄太くん

練習を積み重ねたことを公式戦で発揮することを目標に、「日々の練習を大事に」練習をしています。フォワードがボールをどんどん運び、最後にバックスが決めるという、身体が大きいからこそできるプレーで勝負していきます。そのために週4日ウエイトを行い、身体作りに励んでいます!

ラグビー部・岡田直人くん

「一心不乱」にテニスだけに集中して一生懸命取り組んでいます。明るく、元気で、個性が強いので、とても楽しい雰囲気で練習することができます。1つでも上を目指して、日々の練習に励みます!

ソフトテニス部・小沢裕太くん

大きな大会だけ全力を尽くすのではなく、小さな大会や発表会も「無我夢中」に踊ることを心掛けています。そして、自分達がやってきたことを後輩に「伝える」、そして鳥肌が立つようなダンスを踊って見てくれる人たちに楽しさや想いを「伝える」ことを目指しています!

ダンス部・内野実優さん

簡単なミスをしても、それを簡単なミスで終わらせず、なぜミスをしてしまったのか、どうすればいいのかを考えようという意味を込めて「まじめ」を部訓に掲げています。先日の団体戦では応援も盛り上がり、初めて東京都ベスト32に入ることができました。それがとても嬉しかったので、これからも試合を想定した練習を積み重ね、レベルアップしていきたいと思います!

卓球部・坂東孝則くん

「英姿颯爽」を掲げて、輝き堂々としたライフセーバーを目指しています。日々のトレーニングはとてもキツいですが、部員同士助け合いながら活動し、夏は海での監視活動や小学校のプールボランティアに参加しています。電車で席を譲ることなどもライフセービングだと考えているので、部活を引退しても、ライフセービングにゴールはなく、とてもやりがいのある部活です!

ライフセービング部・髙橋滉貴くん



topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら