中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS

慶應義塾高等学校アメリカンフットボール部主務 清水龍一

『マネージャー=裏方』そんなイメージがあるかもしれません。でも、チームに貢献するための役割についているだけなんです。フィールドには立てないけれど、勝ちたい気持ちは選手と同じ。だから、『裏方』ではなく、『マネージャー』として一緒に戦います!!すべてはチームのために・・・そんなアツい気持ちで戦うマネージャーへのインタビュー。
今回ご登場いただくのは、慶應義塾高等学校アメリカンフットボール部主務の清水龍一くんです。選手兼主務として、チームのために雑務も行う、真面目で誠実な清水さんにとって、マネージャーとは。

プレーも仕事も全力で


清水くんがアメリカンフットボール部の主務になったきっかけは。

元々真面目な性格もあり、下級生の頃からチームの雑務を率先して行うタイプだったので、3年生になってからは選手兼主務として務めることを決めました。
慶應義塾高校アメフト部では、主務は代々選手兼任というのがチームの方針であり、自然と仲間からも僕が主務になるということに暗黙の了解があったんです。

清水龍一

選手と両立しているんですね!

はい。普段は選手として活動していますが、学校の休み時間や帰宅後の時間を利用して、大会に出場するための書類や、施設を利用するための申請書類の作成を行っています。

清水龍一

主務としての仕事はグラウンド外での活動が主なんですね。

グラウンドではマネージャーが選手をサポートしているので、主務は書類作成や、ミーティングを行う為の教室を確保のため他の部との調整、学校の監査局への会計報告が主務としての大切な役割です。

清水龍一

両立で大変なことはありますか。

休み時間が削られてしまうことです。食事の時間が短いことや、勉強時間の確保が難しいときもあります。

清水龍一

そのために何か工夫していることは。

選手として沢山ご飯を食べて身体を大きくしなければならないので、お弁当は休み時間を利用して少しずつ食べることもあります。帰宅後も無駄な時間を過ごさないよう心掛け、忙しいからといって睡眠時間を削らないようにしています。

清水龍一

チームの目標は。

もちろん日本一です! そして、部員がとても多いので、部員数で圧倒しながらも、細かいことに最後までアツくなろうという意味を込め、“RUSH”をスローガンに掲げています。

清水龍一

その目標に対して清水くんの役割は。

主務もリーダーの一人なので、意識を高めるためのチーム作りに励んでいます。
また、放送委員がホームルームの時間に、試合で活躍した選手を紹介してくれるので、その原稿を考えることも大切な役割です。その放送に名前が挙がることを目標に頑張っている選手もいるので、点を決めるポジションではない選手も表舞台に出してあげられるように工夫をしています。喜ぶ選手の顔を見ると嬉しいですね!

清水龍一

主務という役割を通して得たこと学んだことはありますか。

表に見えるところだけでなく、選手の知らないところで動いている人がいて自分たちがプレーをすることができているんだと感じるようになりました。選手として、審判や対戦相手など、沢山の人が関わってくださることに感謝をしながらアメフトに取り組めるようになりました。

清水龍一

主務としての理想像は。

主務の仕事は表に出すものではないと思うので、どんなに忙しくても練習に遅れたり、チームに迷惑をかけることのないよう、選手との両立を上手にできる人になりたいです。

清水龍一

大学に進学しても、選手兼主務を継続しますか。

まずは選手として活躍したいです。そして、主務という役割につかなくても、目立たない仕事も大切にできる人になりたいと思います。

清水龍一

最後に、清水さんにとってマネージャーとは。

マネージャーは裏方と言われることもありますが、表には見えなくても、チームを支える大切な役割だと思います!

清水龍一

ありがとうございました。

関連するトピックスの記事はこちら