中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

川崎市立高津高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

苦しい時や失敗した時こそ笑顔でいれば、次頑張ろうという気持ちになるので、「必笑」を部訓に掲げ活動しています。ここぞというときに盛り上がる、明るいチームです。

ソフトボール部・武田志穂さん

春の選抜ではベスト8で負けてしまい、自分たちの詰めの甘さを実感しました。その悔しさを胸に、練習からお互いにストロークをいれることで、試合で自分たちの力を発揮できるよう、「全国制覇」へ向け、心ひとつに活動しています。

女子ハンドボール部・中村風夏さん

チームの魅力である学年を越えた仲の良さは、全員が同じ目標に向かっている証拠だと思います。「ベスト8」を目標に、チーム全員、気合十分です!!

男子ハンドボール部・関 嘉晴くん

「何もしていないのに諦めるな」というコーチの言葉のもと、常にChallengeすることを大切にしています。最近では、チーム内でのコンビ練習にChallengeしたことで、新しい攻撃を決めることができ、より声が出て、チームの雰囲気が良くなりました!

女子バレーボール部・中島美季さん

目の前の一試合を全力で戦うために、一つ一つのプレーを大切に「一戦必勝」を部訓に掲げています。明るさを武器に、盛り上がるところで一気に点を取る野球で、試合をかき回します!

野球部・中川 慧くん

自分たちの力を毎日少しでも伸ばしていけるよう、「日々前進」を部訓に掲げ、全国でも戦えるようなチームになるため、礼儀を大切に、常にアンテナを張って周りに気を使えるプレーヤーを目指しています。

ソフトテニス部・岡田理瑚さん

試合に出場する、しないに関わらず、チーム全員で戦うことを意識し、試合で負けていても後半からじわじわと点を取り、最後までチーム全員が諦めないところが高津バスケ部の「チーム力」です!

男子バスケットボール部・福井順太くん

私たちは決して強いチームではないため、受け身にならず、常に挑戦者として、どんな相手でも強い気持ちを持って挑む気持ちで戦っています。目標は「県大会出場」です!

女子バスケットボール部・佐藤友梨奈さん

人数が少ないですが、仲良く、時には厳しく活動しています。1年、2年と大会の雰囲気には慣れてきたので、目標の「市大会3連覇」を達成し、周りの期待に応えたいです!

柔道部・佐藤凱也くん

チアリーディングは応援する種目なので、元気いっぱいに笑顔を与えられるように「元気・勇気・笑顔」を部訓に掲げています。JAPAN CUPで優勝することを目標に、息の合った演技で全国に挑戦したいです。

チアリーディング部・一色 愛さん

男女ともに良い結果を残せるよう、「切磋琢磨」をモットーに、お互い励まし合いながら稽古に励んでいます。女子部員は3人なので、部員を増やすために、良い結果を残して、強いことをアピールしていきます!

剣道部・福原杏奈さん

昨年は部員が4人と少なかったですが、1年生が入部し、団体戦も組めるようになってチームも盛り上がっています。ポジションも決まり、それぞれの役割を意識して戦えるようになってきたので、1つずつ勝利を重ねていきたいです。

剣道部・渡辺亮太くん

他の部活と比べるとルーズな面もあった陸上部ですが、現在は基本的なことの改善に取り組んでいます。勝ち負けだけではなく、卒業するまでに、自分が納得のいく結果が出せるよう、まずは「一生懸命」練習することを心掛けています。

陸上競技部・春木うららさん

陸上は勝負事なので、勝つなら差をつけて、「圧倒的に勝利」するという意識で戦っています。県大会出場を目標に、100mで11秒2のタイムを出すため、先生のアドバイスを参考に、動きを確認しながら練習に取り組んでいます。

陸上競技部・清野拓哉くん

部旗にも掲げている、勢いよく果敢に攻めていくという意味の「勇猛果敢」を部訓に掲げ、3年生が抜けて人数が減ってしまった分、さらに声を出し、活気を上げて明るく練習に取り組んでいます。

バドミントン部・関谷優夏さん

強豪校ではないので、人よりも多く練習することを心掛け、「選手権神奈川県予選ベスト4」を目指しています。1年生が入部し、まだチームの雰囲気ができていないことが課題ですが、自ら行動し、自ら課題を見つけて解決できるようなチームづくりをしていきたいです。

サッカー部・宮尾佳祐くん

活動の7割が学校でのトレーニングであり、土日の山登りでその成果を発揮します。「ボッカ」という15~20kgの重りを持って学校から4km離れた山に登るトレーニングが一番ツラいですが、何が起こるか分からない自然の中で、安全に、臨機応変に行動できるよう、日々頑張っています。

ワンダーフォーゲル部・古郡拓実くん

普段からアットホームな雰囲気の部活ですが、それが山登りにはすごく大切なことで、遭難しないよう、常にコミュニケーションをとることを心掛けています。入部して最初に登った八ヶ岳が、今まで文化部だった私にはとてもツラかったけど、今までの自分を越えられた気がしてとても楽しかったです。

ワンダーフォーゲル部・倉形南美さん

強いチームや、自分の心に常にchallengeすることや、とにかく楽しむことを大切にしています。コートでは、チームメイトは仲間であり、ライバルとして刺激し合って練習に励んでいます。

男子バレーボール部・寺地峻哉くん
topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら