中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

川崎市立橘高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

目標の「本戦出場」のためには、地区予選で5回勝たなければなりません。私たちは部員の半数以上が初心者です。初心者でも強いチームに勝てるということを証明できるよう、まずは自分たちにできることを徹底していきます!

硬式テニス部・林 絢音さん

一本一本を大切に集中して練習し、「関東大会出場」を目指しています。個人のレベルが高いので、全員の総合力で勝ちにいくチームです!

男子卓球部・篠﨑太一くん

個人の実力が高いチームですが、人数が少ないため、相手の応援が多いと圧倒されてしまします。会場の雰囲気にのまれないように、強い気持ちで前を向いて戦えるよう、「猪突猛進」を部訓に掲げています。

女子卓球部・後藤 茜さん

「有志成」は志があるものには成すことができるという意味です。目標の関東大会出場に向け、練習から各自が目標をもち、弱点を克服して、お互いに高め合いながら活動しています。

剣道部・黒木 綾さん

一人一人が高い目標をもつことで、チーム全体のレベルアップを図っています。チームの目標は団体で関東大会出場、そしてインターハイに出場することです。そのために基本的な体幹トレーニングを欠かさず行い、身体づくりに励んでいます!

水泳部・伊藤真菜さん

「邁進」をスローガンに、新人戦の悔しさをバネに最後の夏は絶対「日本一」になるという強い気持ちで、毎日「今日もやりきった!」と満足できるよう練習に取り組んでいます!

女子ソフトテニス部・安土月乃さん

先輩が3年前に関東大会、そしてインターハイに出場して以降、悔しい結果が続いているので、自分たちの代で「次の舞台へ」進めるよう、全員の個性をまとめてチーム全体でパワーアップしていきます!

男子ソフトテニス部・関沼雅弘さん

まずは全員で野球を心の底から楽しみます!そして、自分達の持ち前の元気の良さで、雰囲気を盛り上げながら相手を圧倒し、頂点をとりにいきます!

野球部・熊本来哉くん

神奈川県は強豪校が多く、前回大会のベスト16を超えるには強いチームにも勝っていかなければならないので、自分らしく元気を出して相手を圧倒し、勝ちにいきます!打倒桐光学園高校です!

サッカー部・桑原達也くん

練習したことを発表で全て披露し、全員で楽しんで踊るということを意識しています。一人でも角度や形が合わないと、それだけでレベルが落ちてしまうので、細かいところまで気を配っています。

ダンス部・伊原千尋さん

一人一人が自分の目標に向かって頑張っていこうと「夢へ翔べ!」を部訓に掲げています。私は関東大会、そしてインターハイ出場を目標としているだけでなく、体育科に所属しているので、部活でも学校生活でも人間性を高めていくことを目指しています!

陸上部・勝嵜大陽くん

一本一本を大切に、コースを攻めていくことで流れを引き寄せることができるので、見ている人がすっきりするような美しいプレーを心掛けています。

バドミントン部・吉岡ひなのさん

最後の1秒まで諦めずに戦って勝利を掴み取ることが目標です。自分たちらしく、笑顔で、しっかりと周りを見てプレーします!

男子バスケットボール部・佐藤優哉くん

勝ち負けにこだわるだけでなく、観客の人に魅せるようなバスケをして、自分達も楽しむことを目標としています!オフェンスで点をとるチームなので、強く攻めて流れを引き寄せます!

女子バスケットボール部・平田紗友さん

どんな相手でも「挑戦」する気持ちで戦うことで、気持ちもプレーも引き締まり、自分たちのバレーをすることができます。誰かが挫けたときは他のメンバーがフォローする、協力性の高いチームです。

男子バレーボール部・廣田銀路くん

「心を一つに」というチームのスローガンを全員が意識し、新人戦での悔しさをバネに、全国に出場して1つでも多く勝てるよう、覚悟を持って活動しています!

女子バレーボール部・菅野菜々花さん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら