中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

実践学園中学・高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

部活を通じて人間形成を図り、文武両道を目指しています。インターハイベスト8という高い目標を常に持つことで、モチベーションを上げ、普段の練習に励んでいます。

卓球部・萬羽大樹くん

「謙虚」というのは、自分の存在を低いものと客観的にみることで、相手の考えや行動の中で自分に取り入れるべきものがあれば、それを素直に受け入れる姿勢を常に意識して、練習をしています。

野球部・友廣大輔くん

人数が多いですが、その分団結するチームです。練習から声を出してみんなで頑張ろうという気持ちで活動しています。目標の「全国制覇」のため、東京の高校には絶対に負けたくありません!

サッカー部・齋藤 翔くん

陸上部は、他の部活に比べると、運動神経が良い人が集まっているわけではありません。「文武両道」を部訓に、部活だけでなく、勉強にも力を入れられるよう、活動は週4日、それ以外は勉強にあてています。

中高陸上部・笈木駿一くん

「ゴルファーのポッケの中には謙虚という言葉が隠されている」と言うほど、ゴルフはマナーと謙虚さが大切な競技です。どんなに上手なプレイヤーでも、マナーが分かっていないと上位には上がれません。良いゴルファーになって、上位を目指します!

中高ゴルフ部・小林拓哉くん

きつい練習が多いですが、それに負けずに皆で切磋琢磨して活動しています。最近はインターハイに出場ができていないので、今年は先生に期待していただいている分、絶対出場できるように頑張ります。

女子バスケットボール部・相澤美咲さん

良い雰囲気で練習ができるように、一人一人がしっかり声を出す意識をしています。昨年、全国制覇をすることができましたが、その代の先輩よりも僕たちは体が小さく、技術もありません。その分、真面目さや声の大きさで上回れるよう、頑張ります。

中学男子バスケットボール部・野田駿介くん

全国大会出場を果たすために、東京都ナンバー1を目指して頑張っています。他のチームよりも身長が高くないので、その分、チームがまとまって、繋なぐことで1つの点にするところが私達の強みです。

女子バレーボール部・飯塚花帆さん

日々、周りの人に感謝をしながら、「心で勝負」をしっかり胸に持ち、毎日の練習に取り組んでいます。とにかく元気で、応援もコートの中にいる選手も全員で、チームカラーである“オレンジ”の似合うチームになります!

中学女子バレーボール部・水江未来さん

バスケットボールは、走り勝つ事が大事だと思うので、今はランニングコースで走りこみをしています。試合では、ディフェンスからリズムがのってくるので、ディフェンス練習を多く行い、関東・全国大会出場を目指します。

中学女子バスケットボール部・山本明奈さん

目標を達成するために、練習の前には「卓球を通じて人間形成を図り、全国優勝を目指す」と声に出して気持ちの確認をします。実践学園中学卓球部は横のつながりがとても強く、他の団体競技に負けないくらいのチーム力が魅力の部活です。

中学卓球部・岡 太陽くん

「剣知汗流」は汗を流して剣を知るという意味です。全員が2段取得を目標に掲げているので、それに向かって沢山汗を流し、努力していきたいと思います。

中高剣道部・山田海斗くん

「確固不抜」は武道を扱う人は、稽古のとき以外は技を使ってはいけないという意味です。体を動かしたい、空手が好きと部員の想いはいろいろなので、基本的なメニューを中心に行い、各自で目標を掲げています。高校から空手道を始める人も多く、活動は週1~2回なので、勉強との両立がしやすい部活です。

空手道部・谷 有華さん

先日の新人戦で、東京都2位になることができました。決勝では敗れてしまいましたが、差は10点だったので勝てない相手ではないということが分かりました。動き回って、走り続けることで、ディフェンスをしっかり固め、次は勝ちたいと思います。東京で初優勝し、監督をインターハイに連れて行くことが目標です。

男子バスケットボール部・門田脩人くん

ソフトテニスはボールが軽いので、すぐ風に流されてしまいます。「風を味方に」をモットーに、変則的な球に対応できるような練習や、相手が拾いにくい球を打つ練習をしています。目標は東京都ベスト32以内に入ることです!

男子ソフトテニス部・大倉優介くん

現在、部員が1人のため、高校生と一緒に練習をしています。普段の練習からミスをしないことを意識することで、試合でのミスを減らし、常に高校生のレベルで活動できることを強みに、関東大会出場を目指しています。

中学男子バドミントン部・仁平浩太くん

月曜日と、土日のみと、体育館を使える時間が限られているので、少ない時間の中で、集中して質の高い練習をしないと強いチームには勝てません。目標であるインターハイ出場のために、一人一人が意識を高め、体育館使用日以外は、走りこみやトレーニングなどに取り組んでいます。

男子バドミントン部・内田敦也くん

辛い時でもみんなで声を掛け合い、限界を乗りこえようという意味で、「限界突破」を部訓に掲げています。人数が7人と少ないので、新入生に積極的に声をかけ、初心者でもプレーができることを伝えていきたいです。

中学サッカー部・山本 峻くん

誰か1人の調子が悪くても、他の人が補えるようなチームになるという意味で、「心を一つに」を部訓に活動しています。どんなレベルの人でも一緒に楽しめる部活で、団体戦で勝つことを目標にしています。人数が少ない分、先輩後輩関係なく仲の良い部活です!

女子ソフトテニス部・川崎莉奈さん

都大会優勝という高い目標を掲げることで、意識を高く持ち、毎日声を出して、基本的な練習をしっかりと行うことで、応用練習に繋げています。

中学ソフトテニス部・佐藤勇樹くん

現在下級生の人数が多いため、団体戦のチーム編成も後輩が多いのですが、その中でも上級生が積極的な声出しで引っ張っていく意識を持っています。部員全員が明るく、先輩後輩関係なく仲の良い部活です。ストレッチなどをみんなで円になって行っていることが仲の良い秘訣だと思います!

中高女子バドミントン部・柳 彩芽さん

お客さんに元気や感動、笑顔を届けようという意味で、「Twinkle for you」を部訓に掲げています。大好きなダンスを続けられているのは、支えてくれる周りの人がいるからであり、その人たちに日頃の感謝を伝えられる演技を心掛けています。チアとダンスで各2チームずつに分かれ、それぞれが全国大会に出場することが目標です!

中高ダンス部・吉田愛梨さん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら