中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

TOP > TOPICS
みんなのチームの部訓・目標おしえてください!

安田学園高等学校

チームの数だけかなえたい夢がある!

チームには必ず目標がある。そして、全ての部員が、その目標に向かい、日々アツく練習を積み重ねている。そんな彼ら彼女らのアツく掲げた「目標」や「部訓」を聞きました!


部訓・目標

柔道部は男子が31人、女子は私1人で活動しています。将来、警察官になりたいので、高校から柔道部で活動しています。

柔道部・石丸友子さん

部員数が増えたことで、インターハイに出場しベスト8になるためにも、より一致団結する事が必要だと思っています。人数が多くても部全体の力が底上げできるよう、頑張ります。

ハンドボール部・渡部裕太くん

剣道に全力で打ち込めるよう、「一心不乱」という言葉を大切に練習しています。現在、女子部員は私一人だけなので、都大会の個人戦出場を目指しています!

剣道部・西岡明里さん

春高に出場できるようがんばっています。東京は3位までが出場でき、自分達は今3位なので、このままの順位をキープして絶対に出場したいです。

バレーボール部・山田幹久くん

陸上は個人種目という事もあり、エントリーできる大会も少ないので、せめて南関東大会に出場できるよう、チームの目標として掲げています。

陸上競技部・杉原大樹くん

苦しいときや、キツイ時は、気で乗り越えようという事で、代々目標に掲げています。個人の目標としては、全日本ジュニアの予選が秋にあるので、良い結果を残し、シングルスでベスト16を目指しています。

卓球部・折原隆浩くん

監督の好きな言葉で、私生活での振舞いがコートの中で反映され、コート外での普段の行動で勝負が決まるという言葉です。インターハイ出場を目指して活動しています。

バスケットボール部・宮澤理哉くん

私たちが強くなるためには、自分に限界を作らず、失敗を反省し改善していく事が大切なので、ノートに書きとめて復習しています。試合では緊張せず、本戦に出場できるように自分らしく戦いたいです。

テニス部・木村優菜さん

先輩達が初心者の中、この城東地区で3位に輝いたりしていたので、自分達の代も、その波に乗って関東大会に必ず出場できるよう目標に掲げています。

バドミントン部・佐藤幸弘くん

スキー部の部員は全員、雪やスキーが大好きで活動しているので、インターハイで優勝を狙えるよう、雪魂でがんばります!

スキー部・殿塚崇央くん

昨年の大会前のミーティングで、自分達がどんな演技をしたいかを話し合ったとき、みんなで笑顔と楽しみを運んで、お客さんに感動してもらえるような演技をしたいという事に決まったので、それを目標にしています。

チアリーディング部・高橋りかさん

topics_foot_top

みんなの部訓・目標を応援しています!!

いよいよヒーローインタビューの新コーナーが始まりました!その名も「みんなのチームの部訓・目標 おしえてください!」という企画。たくさんの高校に行き、ホワイトボードに目標や部訓、夢などを部員の皆さんに書いてもらいました。撮影をして思ったのが、「部員のみんなの笑顔が美しい!」ということでした。目標がある事で、元気なパワー、勢いがあるな! と感じています。皆さんが書いた目標や部訓を見ていると、高校時代に、バレーボール部に所属し、日々苦しい練習やトレーニングを行ってた頃を思い出しました。しかしたくさんの仲間と一緒にひとつの目標に向かって進めた事が、何よりも嬉しかったです。そしてどんな高い壁に直面しても乗り越えられる「自信」を持てた事も良かった事だと思っています。これからは選手ではなく応援団長として、みんなの目標を達成できるようエールを送り続けて行きます!!みんなで叫ぼう! ファイトー! 自分̶!!

ヒーローインタビュー応援団 小西啓介(ふうらいぼう。)

関連するトピックスの記事はこちら