中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

香川県立高松北高等学校 応援部 (2017)

自分たちの部活の、ひとことアピール

心の底から、魂のこもった応援を展開し、人に勇気と感動、そして元気を届けます。


部員数

32人 (高3・7人/高2・14人/高1・11人)



おもな活動歴

第95回・97回全国高等学校野球選手権香川大会応援最優秀賞
第98回全国高等学校野球選手権香川大会応援賞
平成25・26・28年度香川県高等学校文化連盟文化功労賞
平成29年度青少年育成香川県民会議善行賞
全国高等学校ダンスドリル選手権2017中四国大会2017ソングリーダー部門ミディアム編成1位
全国高等学校ダンスドリル選手権2017出場
感謝状 サンポート高松トライアスロン2016、2017


部訓

あくまで謙虚、あくまで裏方


目標

応援される選手は奮い立てるよう、応援する観客を試合に集中させるべく応援を展開する。


入部を希望する中高生へ!

応援部での活動は、やった者にしかわからないやりがいや感動があります。ぜひ勇気をもってやってみませんか?


マネージャーからの応援メッセージ

段々と成長していく姿に日々、感動しています。生徒たちから信頼をしてもらえるように頑張って!!


メッセージ

タカマツキタノオウエンブ 僕は少年野球をやっていたので、小学生の頃から夏になると、高校野球の県予選を見に行っていました。当時、スタンドを元気よくリードする応援団の人たちはすごいなあと思っていました。いくつかの高校のスタンドを見た中でも、特に印象に残っていたのが、現在僕が通う、高松北高校のスタンドでした。チャンスになるとスタンド全体で「ビバ北高」の大合唱が始まり、皆で両手を振って応援していました。その迫りくるような迫力は、スタンド全体を包み込むようで、感動しました。以来、心の片隅に「高松北の応援部」という存在が残っていました。

 高1の春。たまたま高松北高校に進学した僕は、何部に入部するか決めかねていました。なぜなら中学校でも野球を続けていましたが、故障を抱えていたからです。その時、同じ中学校で野球部だった友人が声をかけてくれました。「高校では応援部がある。これからは俺をスタンドから応援してくれないか?」その言葉がきっかけで、応援部への入部を決意しました。

 先輩方は皆優しく、丁寧に教えてくださいました。最初のうちは楽しい雰囲気で練習していたので、毎日がワクワクしました。初めての夏の野球応援では、小学生の頃に憧れた「ビバ北高」を、客席を回り、盛り上げながら歌うことができ、感慨深いものがありました。しかし、歌うことの大好きな僕にとって、毎日の練習でのどを痛め、理想の声が出せないことが苦痛で、9月の文化祭以降、徐々に練習に参加しなくなりました。更には嫌なことが続いてしまったため、退部を決意しました。2・3年の先輩方や同期からは「もう一度一緒に応援をしよう。」と説得していただきましたが、自分の決意は変わりませんでした。そんな僕を引き留め、再び、応援の道に導いてくれたのは、野球部に入部した中学校時代の友人の言葉でした


「俺を応援をしてくれと頼んだせいで、お前を苦しませてしまってすまない。」

友人は、僕の退部の決意を聞いて心を痛めてくれていたのです。この言葉が僕を冷静にし、以後は家族・友人・先輩・同期の意見を素直に受け止めることができるようになりました。僕にとって「高松北の応援部」とはどのような場所なのか再確認することができました。

僕は小学生の頃からちょっぴり「高松北の応援部」に憧れていた。
「高松北の応援部」にいるからこそ、大切な友人を心から応援することができる。
「高松北の応援部」は、自分を成長させてくれる環境があり、仲間が、先輩がいる。

僕は部活動をやめる寸前で踏みとどまることができました。

そして今年の夏、初めてリーダー台に上がりました。
リーダー台から見える景色は、客席を回っていた昨年とは違い、客席全体がよく見えました。僕のさじ加減一つで、客席が一つにまとまることもあれば、ばらばらになることもあります。一つにまとめるため、大きな声を出し、スタンドを鼓舞することにやりがいを感じました。猛烈な声援を送るスタンドを見て、「高松北の応援部」に入ってよかった、辞めなくてよかったと思いました。

夏の大会が終わり、僕は新しい団長となりました。

今、友人は新チームで試合に出場する機会もこれまで以上に増えているようです。

僕が苦しかった時に支えてくれた友人を今度は僕が応援する番です。精一杯の応援をするつもりです。

また、最後の夏の野球応援では、小学生の頃に見た先輩方のように、「高松北の応援部」らしい
応援をしたいと思っています。そしてそんな僕の姿を見て、僕と同じように「高松北の応援部」に憧れてくれるような小学生を見つけたらこう言いたいです。

「高松北の応援部は最高に楽しいから、高校生になったら絶対に応援部に入るんだよ!!」

(文・山谷 翼 / 高2)


学校HP : http://www.kagawa-edu.jp/kitah02/htdocs/
顧問: 筒井京、黒田友香
TEL : 087-845-2155

関連する記事はこちら!

香川県立高松北高等学校の応援団の歴代チーム!

2015年

勇気と感動が与えられる応援

応援団の最新登録チーム!

全力応援

埼玉県立春日部高等学校 応援指導部 (2017)

埼玉県

この一声、君に届け

横浜市立桜丘高等学校 応援団部 (2017)

神奈川県

応援上等!

神奈川県立相模原高等学校 応援団部 (2017)

神奈川県

SPECIAL

2017.09.05

ATHLETE INTERVIEW
がむしゃらおうえんだんとよみます
  • 応援団式パフォーマンス集団
  • 我武者羅應援團
  • 応援団
UPPERCUTS B