中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

鎌倉学園高等学校 硬式野球部 (2016)

自分たちの部活の、ひとことアピール

練習の質


部員数

65人 (高3・19人/高2・19人/高1・27人)


おもな活動歴

第98回全国高校野球選手権大会神奈川予選ベスト16


部訓

周りの人から応援されるチームになる


目標

甲子園出場


入部を希望する中高生へ!

3年間甲子園目指して頑張ろう!


メッセージ

練習の質 鎌倉学園硬式野球部は1969年以来出場できていない甲子園に出場し応援してくれる人々を感動させるために日々練習しています。自分たちは最初から能力が特別高いわけではないので強いチームに勝つためには他のチーム以上に練習しなければいけません。しかし広い敷地や良い設備があるわけではないので、練習の量で他のチームを上回ることはできません。そのため自分たちは練習の質を上げています。練習の一球に対して試合の一球と同じように緊張感をもって臨み、間違いを流さずその場で解決できるように練習中よく会話するようにしています。また練習の意味を考えて練習しています。分からないときは顧問ともよくコミュニケーションをとっています。ただ、高校野球は理屈が通用しない場面もあるので、理屈などではなくがむしゃらに全力でプレーするという練習もしています。
その他、野球部は強いチームになるだけでなく周りから応援されるチームになるために学校生活・行事にも全力投球しています。そのため夏の大会ではたくさんの同級生や先生方が来て、たくさんの声援を送ってくれます。勝利の後のスタンドと一体となっての校歌はそれまでの苦労が報われるくらい気持ちいいです。
皆さんも鎌倉学園硬式野球部に入部して甲子園に出場し、応援してくれる人々を感動させましょう。


(文・谷口勇紀 / 高3)

学校HP : http://www.kamagaku.ac.jp/
TEL : 0467-22-0994

関連する記事はこちら!

ライバル校を見る!

声・感動・ひたむき

神奈川県立弥栄高等学校 硬式野球部 (2014)

神奈川県

硬式野球の最新登録チーム!

地元氷見に感動、勇気、希望を

富山県立氷見高等学校 野球部 (2016)

富山県

「この冬で進化していく」

米沢中央高等学校 野球部 (2016)

山形県

野球、勉強、私生活全ての面でレベルを目指して

東京高等学校 硬式野球部 (2016)

東京都

SPECIAL

2017.02.09

ATHLETE INTERVIEW
キツい練習を乗り越えたことが自信につながる
  • 読売ジャイアンツ
  • 内海 哲也
  • 硬式野球
UPPERCUTS B