中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

岩倉高等学校 ラクロス部 (2016)

自分たちの部活の、ひとことアピール

岩倉ラクロスの名を全国に轟かせる
全力必笑


部員数

合計 53人 ( 3年生 11人 2年生 24人 1年生 18人 )


おもな活動歴

・2007年4月 ラクロス同好会発足
・2009年4月 ラクロス部へ昇格
・2012年3月 韓国ラクロス国際交流遠征
・2013年3月 韓国ラクロス高校生来日
・2014年3月 韓国ラクロス国際交流遠征
・2015年3月 韓国ラクロス高校生来日
・2015年6月 台湾ラクロス高校生来日
・2016年3月 韓国ラクロス国際交流遠征
・2016年6月 アメリカ・フロリダ国際交流遠征


部訓

克己心


目標

打倒 慶應義塾高校


入部を希望する中高生へ!

本気になれる熱い中学生待っています


マネージャーからの応援メッセージ

総勢約50名をまとめるのは大変ですが、選手全員が1つの目標に向かって努力しているのを見ているとパワーをもらえて励みになります。


メッセージ

ラクロスでNo.1に!!  ラクロス、それは、クロスと呼ばれる網のついたスティックを用いて、得点を奪い合う球技。時に、”地上最速の格闘球技”と言われるほどスピード感と激しさがある熱いスポーツです。私自身、この岩倉高校に入学するまではまったくラクロスについて知りませんでした。それもそのはず、高校の男子ラクロスの部活動は全国で5校しかありません。そんなマイナーなスポーツをなぜ選んだのか、それは、高校生の中で一番になりたかったからです。5校しかなくてもトップに立つことは難しく、先輩たちも慶應義塾高校に苦しめられてきました。その背中を見てきた私たちの代で、No.1の座を掴むために、日々の練習に取り組んでいます。岩倉高校ラクロス部の部訓は『克己心』。言われてから行動するのは当たり前ですが、常に周りを見て自分から行動する。練習も自ら盛り上げて、チームの雰囲気・士気を高め、1つ1つのメニューをこなしていく。これが1番の勝利への近道だと信じています。
 日本代表コーチの開先生、現役日本代表の水田先生、2人の先生が教えてくれることは一味違います。ラクロスのプレー面についてはもちろんのこと、人として必要なことを教えてくれます。『勇気を持ってチャレンジして、失敗する。100点満点だよ』私がもっとも感銘を受けた言葉です。失敗の数だけ成功の可能性が広がる。岩倉ラクロス部の生徒は全員この思いを強くいだいているはずです。
 ラクロスで一番になりたい。本気で取り組んでみたい。そんな中学生の皆さん、岩倉高校ラクロス部に入部しませんか。ラクロスのスタートラインは皆一緒です。やった分だけうまくなれます。中学生の皆さん、私たちと一緒に高校生No.1の景色を見に行きませんか?


(文・藤原 悠真 / 高2)

学校HP : http://www.tky-iwakura-h.ed.jp
部活HP : http://blog.goo.ne.jp/iwakuralax/p/
部顧問/担当者: 開 歩 ・ 水田 裕樹
TEL : 03-3841-3086

関連する記事はこちら!

ライバル校を見る!

楽しくラクロス

東京成徳大学高等学校 ラクロス部 (2017)

東京都

一回一回の練習を大切に

大妻多摩中学高等学校 ラクロス部 (2017)

東京都

楽しく、厳しく、元気よく

国本女子中学高等学校 ラクロス部 (2017)

東京都

ラクロスの最新登録チーム!

感謝の気持ちを忘れずに

山村学園高等学校 ラクロス部 (2017)

埼玉県

楽しくラクロス

東京成徳大学高等学校 ラクロス部 (2017)

東京都

一回一回の練習を大切に

大妻多摩中学高等学校 ラクロス部 (2017)

東京都

SPECIAL

2017.09.05

ATHLETE INTERVIEW
テクノロジーを途上国の人々に
  • kopernik
  • 中村 俊裕
  • ラクロス
UPPERCUTS B