中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

湘南工科大学附属高等学校 水泳部 (2015)

自分たちの部活の、ひとことアピール

湘南工科大学附属高等学校水泳部は、「人間関係の構築」や「チームとしての団結力」を高めるために、様々な企画を催すことでチーム力の向上、全国制覇をするにあたっての基盤形成をしています。


部員数

48人 (男子24名・女子24名)
(3年 12名 / 2年 20名 / 1年 16名)


おもな活動歴

全国高校総合体育大会(インターハイ) 男子総合優勝  5回 ・女子総合優勝 2回
神奈川県総合体育大会          男子総合優勝 27回 ・女子総合優勝 7回


目標

「全国制覇」・「日本代表選手の輩出」を目標に活動しています。


入部を希望する中高生へ!

試合の度に喜んだり悔しんだりと、部活を通じて様々な経験をすることが出来ます。インターハイで全国制覇を狙うのは、3回しかありません。高い目標だからこそ、険しい道のりが続きますが、達成したときの喜びや達成感は、他では味わえません。楽しいことばかりではありませんが、同じ志を持った仲間を信じて、同じ目標に向かって歩んでいきましょう。


マネージャーからの応援メッセージ

レース前、レース後に必ずスタンドを見てください。応援している仲間があなたを見ています。1人で戦っているのではなく、みんなで戦っていることを忘れないでほしいと思います。


メッセージ

初めてのインターハイ 高校2年生の際に、初めてインターハイに連れて行ってもらった時のことです。レースを終え、メダルを獲得した先輩が私のところにきてメダルを首にかけ「○○ちゃんがマネージャーになってくれて、頑張ることができた」の言葉に感激しました。
私は今まで、何のために頑張っているのかわからず、部活も楽しくなくて何度も辞めたいと思う苦悩の日々が続いていました。しかし私は、その先輩の一言を頂いて続けてきてよかったと心から思えました。
そこからは部活に対する思いや姿勢が大きく変わりました。選手が見せてくれる成長、レース後の笑顔。そして勝利が私にとって生きがいになり、部活がより一層楽しいと思えるようになりました。

辛いことばかりだったけど、他の部活では絶対に体験できないことをさせてもらえたと今は思っています。0.01を争い、そこで勝敗が大きく左右される競泳に、自然に虜になっていました。高校時代を水泳に一生懸命取り組んでいる選手たちのことを支えることができて、本当に幸せであり、かけがえのない財産になりました。
水泳部に入って培ってきたことを、これからの人生に多いに活かしていきたいと思っています。同じ志をもっている方、湘南工科大学附属高等学校水泳部に入って、私たちと一緒に頑張りましょう。


学校HP : http://www.sh.shonan-it.ac.jp/contents/
顧問 : 三好 智弘(監督)・伊藤 慎平(顧問)
TEL : 0466-34-4114

関連する記事はこちら!

湘南工科大学附属高等学校の水泳の歴代チーム!

2016年

チームワークも日本一

水泳の最新登録チーム!

競泳を通して人間形成!

トキワ松学園中学校高等学校 水泳部 (2016)

東京都

水泳を通じての人間形成

京都外大西高等学校 水泳部 (2016)

京都府

不撓不屈

京都外大西高等学校 水泳部 (2015)

京都府

SPECIAL

2017.04.24

ATHLETE INTERVIEW
世界水泳金も、最初は一番苦手だった
  • JSS立石
  • 渡部香生子
  • 競泳
UPPERCUTS B