中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

竹山晃暉

ラグビー : 帝京大学

今回のアスリートインタビューは、ポジティブな性格から幸運を呼ぶ未来の日本代表候補、帝京大学ラグビー部・竹山晃暉選手です。常にハングリー精神で、求めることをやめない竹山選手の中高生時代のお話と全国の中高生に向けてアツいメッセージをいただきました。

ラグビーが好き!それが一番です!

竹山選手がラグビーをはじめたきっかけは。

3歳の頃、とてもやんちゃで常に走り回り、体力が有り余っていた僕を見て、幼稚園の先生から何かスポーツで発散してみたらどうでしょうかという事で、近所のラグビースクールに入ったのがきっかけです。


竹山 晃暉

ラグビーのどんなところにはまりましたか。

始めた当初から、ボールを持ってトライをする気持ち良さを感じて、周りから注目を浴びたい一心で夢中になりました。小学生の頃から自分にはラグビーしかないと思って、小学校の卒業文集にも「ラグビー選手になりたい」と書いていました。


竹山 晃暉

やんちゃな性格がラグビーに合っていたんですね!中学からは練習量も増えたそうですが、ラグビー熱はいかがでしたか。

地元の中学校にはラグビー部がなかったので越境という形で隣町のラグビー部がある中学校に進学しました。年間で360日の練習、休みはたった5日と、その頃が今までで一番辛かったです(笑)。ですが、3年間、日々がむしゃらにラグビーができたことはとても良い経験になっています。


竹山 晃暉

ラグビーを通して得たこと学んだことは。

3年間、毎日ラグビーノートを書いていました。内容は、練習メニュー、練習の反省と改善点、他人から感謝されたこと、次の日の連絡事項の4つです。このノートを書くことで、当たり前のことを当たり前にするようになり、人として、中学生として人間性の成長をさせてもらいました。どんなことをしたら人に「ありがとう」と思ってもらえるかを考えて行動するようにもなり、それがモチベーションになって、ラグビーをがんばることができたのだと思います。


竹山 晃暉

毎日続けたんですか!本当にラグビーが好きなんですね!

大好きですね(笑)。まず、好きでないとここまで続かないです。高校ラグビーを見て、自分も出場したい、もっとうまくなりたいという気持ちが強かったので、どんなに辛い練習も乗り越えることができました。新しく何かできるようになってもそれで満足せず、もっとできる、次は何をできるようにしようかと研究し続けました。自主トレも人一倍やりましたし、それが高校でのラグビー生活に繋がったのだと思います。


竹山 晃暉

関西には沢山のラグビー強豪チームがある中で御所実業高校に進学を決めた理由は。

他の学校に決めようとしていた前日に監督が家まで来てくださり、「花園で優勝するという夢を一緒に叶えてくれないか」と言われ、認められていることが嬉しくて即決しました。御所実業を選んだからこそ、しっかりと自分のビジョンを持ってラグビーに取り組むことができたのだと思います。そして今も周りの人に支えられて、目標である日本代表に一番近い帝京大学で10連覇という新たな目標に向かって頑張ることができているので、誘ってくださった監督には感謝しています。


竹山 晃暉

とても幸せなことですね。

本当に幸運の持ち主なんです。中学入学後1週間で試合に出場させてもらったことが自信になったり、奈良で優勝、近畿で準優勝、全国大会では近畿決勝で負けた京都代表に勝ち優勝できたこと、その試合で最後の逆転トライを決めたこと、その時に戦ったライバルや、高校で泥だらけになって一緒に戦った仲間が今同じチームにいること、大学で7.8.9連覇を経験させてもらったりと、僕もってるんです(笑)。幸せは、日頃から幸せだと思っている人に自然と寄ってくるものだと思っています。


竹山 晃暉

現在の目標である10連覇に向けて、心掛けていることは。

バイスキャプテンとして、まず自分が行動することを大切に、常にチーム内でスタンダードで居続けることを心掛けています。難しいんですけどね。帝京ラグビー部の魅力の一つとして、上級生が率先して掃除などの雑用を行っています。芯のある人として社会での豊かさも求めて成長できるチームでもあるので、面倒なことを継続して行うことができるようになったのも、高校からの変化だと思います。


竹山 晃暉

オフはどのように過ごしていますか。

他のスポーツから学ぶことは多いと思うので、ウエイトトレーニングで身体を鍛えるだけでなく、サーフィンやスノーボード、先日は初めてボルダリングに挑戦したりと常に身体を動かしています。特にゴルフは、ゴールキックのイメージや身体の使い方が似ているので、打ちっぱなしに行くことが多いです。あとは、サッカーゲームでフォーメーションの勉強をしたり。本当はラグビーのゲームがやりたいので、ゲーム業界の方お願いします(笑)!でも5日もボールを触らないと、良いハングリー状態で練習に戻ることができますね。


竹山 晃暉

今号のテーマ「俺たちの挑戦」ですが、竹山選手がこれから挑戦しようとすることは。

日本代表に選出されオリンピックに出場するという目標に向けて、下半身強化に取り組んでいます。今の課題は、身体が小さいこと、ディフェンスが弱いことだと思っているので、ただ身体を大きくするのではなく、自分の必要な筋肉を考えたトレーニングを始めました。そして、技術だけでなく、人間性で応援してもらえる選手になりたいと思っています。


竹山 晃暉

最後に中高生へメッセージを。

結果はどうであれ、がむしゃらにやったことが自分の人生に大きく影響すると思います。もっと強くなりたいという気持ちが次のステージに上がる第一歩になるし、それがハングリー精神に繋がり、とてつもないパワーを発揮します。そのためには、まず自分で選んだスポーツを好きでいることが一番大事です!


竹山 晃暉

ありがとうございました。

関連する記事はこちら!

どんな時も自分らしいプレーを
  • 佐川印刷
  • 加藤未唯
  • テニス
年間全国1人の優勝校キャプテンとして
  • 十文字高等学校
  • 蔵田あかり
  • サッカー
がむしゃらな仲間を待ってます!
  • 千葉経済大学附属高等学校
  • 切石結女
  • ソフトボール
魅せる柔道で東京五輪金メダル!
  • 夙川学院中学校・高等学校 柔道部
  • 阿部詩
  • 柔道
ホッケーの魅力を伝えるために
  • 山梨学院大学 ホッケー部
  • 河村元美
  • ホッケー
SPECIAL

2017.09.05

We are BEST TEAM
来る者拒まず、去る者追わず

國學院大學栃木高等学校 ラグビー部 (2018)

栃木県

ALL OUT ATTACK

旭川龍谷高等学校 ラグビー部 (2018)

北海道

笑顔と感謝

福島県立郡山北工業高等学校 ラグビー部 (2018)

福島県

茨城県代表を勝ち取る!

常総学院高等学校 ラグビー部 (2018)

茨城県

breakthrough

日本大学藤沢高等学校 ラグビー部 (2018)

神奈川県

UPPERCUTS B