中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

蔵田あかり

サッカー : 十文字高等学校

今回のアスリートインタビューは、自身が高2の冬、全日本高等学校女子サッカー選手権大会で優勝した、十文字高等学校サッカー部・蔵田あかり選手です。優勝校キャプテンというプレッシャーと戦い続けた蔵田選手の中高生時代のお話と全国の中高生に向けてアツいメッセージをいただきました。

年間全国1人の優勝校キャプテンとして

蔵田選手がサッカーをはじめたきっかけは。

体を動かすことが好きで、兄がサッカーをやっていたこともあり、小2の時に近所のサッカーチームに入ったことが始まりです。サッカーの魅力、ボール1つでどこでもできるところ、そんなところにはまりました。


蔵田 あかり

中学から十文字学園に入学したんですよね。

友達から誘われて一緒に入学したんです。最初、学校の部活でサッカーを続けるか、クラブチームかで迷いましたが、クラブチームはテスト期間関係なく練習があるため、勉強との両立が難しいと考えて部活を選びました。勉強はとにかくやらなきゃいけないという一心で、電車通学の1時間を有効的に使ったり、遠征や合宿のバスや新幹線移動など、隙間時間を使って頑張りました。


蔵田 あかり

学業との両立を考えての選択だったんですね。サッカーで中高時代一番印象に残っていることは。

中学ではフットサルの全国優勝、高校は選手権優勝が一番嬉しかったです。


蔵田 あかり

選手権優勝時は2年生でしたね。勝因や、優勝した時のお気持ちは。

夏までは失点が多かったのですが、大会では1失点だったことが良かったと思います。とにかく、がむしゃらに目の前の相手を倒すことだけを考えていたので、優勝した実感はなかなか湧かず、表彰や、お祝いのメッセージをいただいたときにやっと嬉しさが込み上げてきました。しかし、帰りの新幹線で監督から新チームのキャプテンに任命していただいて、まさか自分がキャプテンになるなんて思ってもいなかったので、不安で余韻に浸る間もありませんでした(笑)。他にキャプテン候補の子がいるのになんで自分なんだろうって。理由は未だに聞いていません(笑)。でも、やると決めたからには、頑張ろうと思い、引き受けました。


蔵田 あかり

立候補ではなく、監督からの指名だったんですね!優勝校のキャプテンを継ぐプレッシャーはありませんでしたか。

サッカーだけでなく私生活でも見られているというプレッシャーはありました。でも、一人で背負わずに仲間に相談すること、優勝校と思わないで、自分たちは自分たちらしく堂々としていることを心掛けました。しかし、常に勝たなければいけないという気持ちがあり、なかなか結果には結びつきませんでしたが、その分精神面は鍛えられました。もともと優柔不断で、誰かについていくタイプでしたが、監督と選手の間に立ち、指示をしなければならなかったので、沢山コミュニケーションをとることで、この一年間で責任感が身に付いたと思います。


蔵田 あかり

練習はいかがでしたか。

常に前の週の試合ででた課題に対して練習に取り組んでいました。でも、キャプテンとしてチームをどうまとめるかということに趣が向いてしまい、キャプテンとしても選手としてもうまくいかないことばかりでした。肉体面よりも精神面で悩むことが多かったです。そんな中、同輩はみんなキャラが濃く、意見をはっきりと言ってくれるので、とても頼りになりました。


蔵田 あかり

オフの過ごし方やリフレッシュ方法は。

サッカー一色の高校生活でした。オフは疲れをとることを最優先に、ショッピングでストレス発散をしたり、病院でケアをしたり、家でまったり過ごすことが多かったです。部屋では常に音楽を聴いています。英単語の勉強をするときも音楽を聴いていたくて、洋楽を聴くことで、「自分は英語ができる!」と思っていました(笑)。でもリスニングの耳慣らしにもなっていたと思います。


蔵田 あかり

卒業後は早稲田大学に進学が決まっているんですよね。

はい。サッカーを続けるなら全国レベルの強豪校でやりたくて、早稲田の練習に参加させていただいたときに、高校とのレベルの差に驚きました。高校では速さがあれば何とかなりますが、大学では速さがあっても体つきで飛ばされてしまうので、ウエイトトレーニングをするようになり、身体作りを始めました。高校ではボールを使う練習ばかりでしたが、今はボールを使わずに走るメニューもあります。練習後は先輩方が当たり前のように自主練をやっているので、私も積極的に取り組み、まずはスタメンをとって、チームの4連覇に貢献できるように頑張りたいと思っています。


蔵田 あかり

今号のテーマ「俺たちの挑戦」ですが、蔵田選手がこれから挑戦しようとしていることは。

料理です。今まで親に頼ってばかりで、何もできず、大学で一人暮らしを始めた友達が頑張っているのを見て、「やばい!」と思いました(笑)。家事ができるようになって、女子力を上げたいです!


蔵田 あかり

将来の夢や目標を教えてください。

目標は、まずインカレ4連覇に向けてチームに貢献することです。そして将来はスポーツの試合やイベントの企画・運営をする仕事がしたいと思っています。今までプレーヤーとしてお世話になる側にいて、スタッフの方を近くで見たり、連絡をとったりする中で、とても大変なお仕事だし、その人たちがいるからプレーすることができていることを実感し、自分もいつか支える側に回りたいと思うようになりました。


蔵田 あかり

最後に中高生へメッセージを。

私も辛いことや、やめたいと思うことが沢山ありましたが、続けたことによって、成長することができました。くじけず、諦めずに頑張ってほしいと思います!


蔵田 あかり

ありがとうございました。

関連する記事はこちら!

ラグビーが好き!それが一番です!
  • 帝京大学
  • 竹山晃暉
  • ラグビー
どんな時も自分らしいプレーを
  • 佐川印刷
  • 加藤未唯
  • テニス
がむしゃらな仲間を待ってます!
  • 千葉経済大学附属高等学校
  • 切石結女
  • ソフトボール
魅せる柔道で東京五輪金メダル!
  • 夙川学院中学校・高等学校 柔道部
  • 阿部詩
  • 柔道
ホッケーの魅力を伝えるために
  • 山梨学院大学 ホッケー部
  • 河村元美
  • ホッケー
SPECIAL

2017.09.05

We are BEST TEAM
個性が輝く集団

千葉県立船橋法典高等学校 女子サッカー部 (2017)

千葉県

仲間のために全力で、仲良く、強く!

上田西高等学校 女子サッカー部 (2017)

長野県

最後まであきらめないサッカー

神奈川県立湘南台高等学校 女子サッカー部 (2017)

神奈川県

全国大会出場!

神奈川県立大和高等学校 女子サッカー部 (2017)

神奈川県

最後まで一生懸命になれるチームへ!

共立女子第二中学校高等学校 サッカー部 (2017)

東京都

UPPERCUTS B