中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

谷口彰悟

サッカー : 川崎フロンターレ

今回のアスリートインタビューは、小顔の甘いマスクと長身なスタイルで女性ファンの熱い視線を一点に集める、川崎フロンターレ・谷口彰悟選手です。イケメンな外見同様、イケてる内面と誠実なプレースタイルで活躍中の谷口選手に、中高生時代のお話と全国の中高生に向けてアツいメッセージをいただきました。

プロか、筑波大に進学し教師の道か

1位でシーズン後半を折り返した川崎フロンターレですが、チームの雰囲気はいかがですか。

全体的に状態は良いのですが、現状に満足はしていません。でも1試合1試合、目の前の試合で勝利することだけを求めて万全の準備をしているので、非常にいい流れはあります。


谷口彰悟

谷口選手自身、今シーズンの調子はいかがですか。

シーズン当初はなかなか満足のいくプレーができず苦しかったのですが、レベルアップしていく上で誰もが通る道であり、自分にもその時期がきたんだと、時間が解決してくれる事だと思っていました。しかし、そんな流暢なことを考えている暇もなくチームは好調なので葛藤もありましたが、まずは自分自身と向き合うことを大切にしたことで立て直すことができ、今は充実したプレーができています。


谷口彰悟

ところで谷口選手は兄の影響でサッカーを始めたとの事ですが。

はい。一緒に通っていた体育幼稚園のサッカーチームで、兄が出場していた試合を見に行っていたのがきっかけで、いつの間にか始めていました。


谷口彰悟

体育幼稚園ですか。ご両親は子どもたちの将来を見据えていたんですね!

いえ、たまたま近所にあったからという理由だと思います(笑)。でも、その幼稚園では普段から体操や跳び箱、トランポリンなどで体を動かす事が中心の日々だったので、小さい頃から体を動かせたことが、結果的に今もこうしてスポーツに関わることができるきっかけになったと思います。


谷口彰悟

そんな中サッカーのどんなところにはまったんですか。

小さい頃はとてもシンプルで、みんなで1つのボールを追いかけるのが純粋に楽しくて、自分がゴールを決めると嬉しかったからです。そしてカテゴリーが上がるにつれて知識や技術などをレベルアップしていくことが、喜びの一つとして自分の中に常にあったので、キツイ練習も自然と乗り越える事ができ今でも続けられているんだと思います。


谷口彰悟

中高生時代の思い出というと。

試合の思い出とかよりも、中学生になると周りの選手と比べて体格に差がでてきて、僕は成長が遅い方で、特に身長がなかなか伸びず悩んでいました。小学生の時は県選抜に選ばれたりもしたので上手な方だったと思うのですが(笑)、中学生の頃から周りにどんどん追い越されて、試合でも活躍できない、どんなに練習をしても追いつけず悔しい思いをした時期でした。でもサッカーが大好きだったので誰よりも練習をしました。その時期に腐らずしっかり向上心を持ち続けて練習に取り組めていたのはよかったと思います。


谷口彰悟

でも今は抜群のスタイルですよね! 大きくなるために何か工夫したんですか。

特にはないです。いつか成長するだろうと思っていたので。でもあえて挙げるのであれば、筋肉がつくと伸びないと聞いたので、筋トレはあまりやらないようにしていました。それが理由かわかりませんが、高校生になって身長が伸びてきて、今では182cmになりました(笑)。


谷口彰悟

中高生時代というと多感な時期だと思いますが、サッカー以外に興味を持ったことはありますか。

サッカー以外に興味を持つ時間はなかったです。中学生の時は部活ではなくクラブチームに所属していて、学校が終わったらすぐに練習だったので、どこかに遊びに行こうとか、何かしようとか思うような時間はありませんでした。また、高校では部活に入りましたが、それこそ朝は4時に起きて5時に家を出発、始発で1時間かけて学校に行き、放課後はナイター設備が無い中暗くなるまで練習、9時に家に到着してすぐ就寝というサイクルだったので、それ以外のことに興味を持ったり行動する気力も体力もありませんでした。


谷口彰悟

谷口選手のようにイケメンだと、通学中に女の子から声をかけられたりは(笑)。

まったくないですよ。始発電車は1両しかなく、ほとんどが大津高校の生徒しか乗ってなかったので。地味な高校生活でしたね(笑)。


谷口彰悟

オフは少なかったですか。

年に2、3日あるかないかです。でも夏休み中は練習時間が短く、朝8時から練習をして早く帰ることができたので、どこかに遊びに行くこともできたのですが、とにかく家で寝て休もうとしか思わなかったです。高校時代は半強制的にサッカーというイメージですよ(笑)。


谷口彰悟

かなりハードだったんですね。

今までのサッカー人生で一番厳しかったのが高校だと思っています。練習も厳しかったですが、精神的にも鍛えられました。今となっては良い思い出ですけどね。でもその時の厳しさが自分の基礎になっていると思います。


谷口彰悟

その厳しさとどうやって前向きに向き合っていたのですか。

大津高校の練習スタイルは、朝練は自分で考えて自由に練習できる時間で、僕はその時間がすごく好きで、自分なりにアイディアを出して練習メニューを考え、朝練のパートナーだった、今もチームメイトの車屋紳太郎と一緒に課題と向き合っていました。


谷口彰悟

谷口選手は、サッカー以外ではどんな男の子でしたか。

大津高校に進学する条件として、勉強も怠らないという約束で通わせてもらっていたので、練習との両立で辛いときもありましたが、授業をしっかり受けて、テスト前は部活も休みになるので下校時間ギリギリまで学校に残って勉強をしていました。勉強自体はあまり好きではなかったですが、赤点が3つ以上あると部活に出てはいけないという部則があり、大学に進学したいという気持ちもあったので、良い評定をもらいたいと思い勉強が出来る友達に教えてもらったり、ノートを見せてもらったり、先生にテストの出題傾向を聞きにいったり、あらゆる手を使いましたね(笑)。サッカーか勉強かという高校時代でした。


谷口彰悟

将来の夢があり、大学進学に真剣だったんですか。

はい。教師になりたいという夢があり、筑波大学に進学したいと思っていました。姉が陸上競技をやっていて、大学に進学するときに推薦をもらっていた1つに筑波大学があり、親からも筑波大学はとてもいい大学だよと言われたのが理由です(笑)。でも、最終的には高校サッカー部の監督の母校ということが決め手で進学を決めました。


谷口彰悟

ちなみに得意な教科は。

地理が好きでした。もともと地図を見るのが大好きで、レアルマドリードなど、有名なサッカーチームがどこにあるんだろうと思って調べて始めたのがきかっけです。


谷口彰悟

教師になりたいというのは、地理が好きだったことが大きな理由になったんですね。

いえいえ。取得したのは保険体育の教員免許で、地理は好きでしたが教えるまではさすがに無理です(笑)。


谷口彰悟

そのときはプロを目指すことは考えていなかったんですか。

プロになりたいという気持ちはありましたが、はっきりとは見えていませんでした。でも、高2で出場した冬の選手権後に、川崎フロンターレの練習に参加しないかと声をかけていただき、初めてプロの環境に触れたことでリアルにプロという道もイメージできるようになって。ただ正直、そこでプロにいくか大学に進学するかで迷いはありました。でも、プロを目指すのは、大学で人間的に成長してからでもいいのではないかと思い、大学に進学する事を決めました。なので、大学ではもう一度スカウトの目に止まるようにという気持ちでやっていましたね。


谷口彰悟

最終的に教師ではなく、プロを決断した理由は。

沢山のお客さんの大歓声につつまれるスタジアムでプレーができるのは、プロにしかできないことだと思ったので、そのピッチに立ってみたいという想いがあり決断しました。


谷口彰悟

今年の秋は『 歓喜の秋 』!

今現在、練習量はどのくらいですか。

シーズンが始まるとハードな練習はなく、午前中に練習とトレーニングを行って午後はオフになります。夏の暑い時期は外にいるだけでも疲労がたまるので、コンディション管理を考慮してくれて、練習は短めに集中してという感じです。


谷口彰悟

どのような練習メニューなんですか。

今日の練習でいうと、相手からボールを奪うためのゴール前での崩しの練習が中心でした。チームのスタイルとして、しっかりボールをキープしてから押し込んでいく展開が多いので、それを踏まえ、相手ゴールの前でプレーの質を高めていくという内容です。


谷口彰悟

個人として工夫していることはありますか。

トレーニング面では、毎週試合があるのでそこに向けてコンディションを整えることを大切にしています。やりすぎても疲労が残るし、休みすぎても体が動かなくなるので調整方法をしっかり考えて取り組んでいます。また、前の試合で出た課題を中心に、チーム全体の練習後に自主練でカバーしています。栄養面では、僕はすぐに体重が落ちてしまうので、意識的に量を多く食べるようにしています。


谷口彰悟

今号のテーマ「今年の秋は○○な秋」ですが、谷口選手にとって今年はどんな秋にしたいですか。

「歓喜の秋」にしたいですね! 今の調子で優勝を掴み取りたいというのは僕だけではなくチームの悲願でもあるので。


谷口彰悟

その「歓喜の秋」に向けて谷口選手自身、どのように貢献していく感じですか。

ボールを繋ぐプレーが得意なので、センターバックを起点に攻撃を組み立てることを試合中も練習中も意識しています。それができると、チームとしても攻撃がさらに強くなっていくと思っています。


谷口彰悟

ちなみにどんな時、サッカーをやっていてよかったと感じますか。

今はディフェンスなので、個人としてゴールを決められるチャンスはなかなかありませんが、無失点に抑えチームが勝利した瞬間は充実した気持ちになります。


谷口彰悟

谷口選手から湧き出る誠実さはプレーにも出ているんですね!

守備的なポジションの人はみんなそうだと思いますよ(笑)。逆に、前に前にとグイグイ出るタイプの人は、点をとれればOK!くらいの性格でないと務まらないんです。


谷口彰悟

本当は前に出たいとか、実はこうなりたい! という理想はあるんですか。

あまりマジメ過ぎには見られたくないですね。僕は周りから、誠実、マジメとみられることが多いので、髪型を変えたり、銀髪に染めてみたり、やんちゃなところもありますよ! とアピールしています。クレイジーがファンタスティックなプレーを生み出すと思っているので(笑)。


谷口彰悟

そこもまたギャップとして女性ファンも増えそうですね! ちなみに好きな女性のタイプは。

いつも楽しそうにしていて、天真爛漫な自由な感じの女性が好きです。


谷口彰悟

最近、オフは何をして過ごしていますか。

今は、試合の翌日など週1日程度オフがあるので、自宅でゆっくり寝て過ごしたり、公園で散歩をしたり。代々木公園はフェスをやっていたり賑やかで楽しいですね。あとは美味しいものを食べに行きます。試合前は食べ物にも気を使うので、オフの日くらいは好きなものを食べたいなと思っています。でも体重をキープする事を常に気にしなければならないので、結構ガッツリ食べますね。


谷口彰悟

どんなところに食べに行きますか。

最近は魚介系が好きで、寿司屋に行くことが増えました。大人になったんですかね(笑)。前までは霜降りの焼肉が大好きだったんですが、最近はさっぱりしたものを好むようになって、魚も白身系のものを選ぶし、肉も赤身やタンが好きになりました。


谷口彰悟

大人ですね(笑)! そんな谷口選手も25歳。チームでも中心選手となる年代だと思います。今後の目標と夢を教えて下さい。

まずはこのチームで優勝のタイトルをとるというのが今シーズンの目標です。個人では昨年、日本代表にも選んでいただいたので、もう一度呼んでいただけるよう、ワールドカップなどで世界と戦える舞台に立つため、代表復帰を見据えて頑張っていきたいと思います。


谷口彰悟

最後に部活に励む中高生にメッセージをお願いいたします。

部活というのはその世代でしか味わえない貴重な時間だと思うので、悔いのないように全てにおいて全力を尽くしてください。それが今後の自分のためになるし、最高の思いができると思います!


谷口彰悟

ありがとうございました。

関連する記事はこちら!

いつまでもベストコンディションで
  • 大橋ボクシングジム
  • 井上尚弥
  • ボクシング
自分がやる! そして大人になります❤
  • オルカ鴨川FC
  • 平野里菜
  • 女子サッカー
オリンピック出場を必ず決める! 準備の秋!!
  • ウィンコーポレーション
  • 桃野慎也
  • スノーボードクロス
天真爛漫なビーチバレーの新生☆
  • マイナビ/KBSC
  • 坂口佳穗
  • ビーチバレーボール
柔道界期待の星☆無敵のイケメン!
  • 日本体育大学
  • 阿部一二三
  • 柔道
SPECIAL

2017.02.09

We are BEST TEAM
全員サッカー

東海大学付属仰星高等学校 サッカー部 (2017)

大阪府

日本一

日本大学藤沢高等学校 サッカー部 (2017)

神奈川県

パスサッカーで魅了する

横浜創英高等学校 サッカー部 (2017)

神奈川県

フットボールは子どもも大人にし、大人を紳士にする

筑波大学附属高等学校 サッカー部 (2017)

東京都

見よ 読め 動け

東海大学付属静岡翔洋高等学校 サッカー部 (2017)

静岡県

UPPERCUTS B