中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー

オードリー

お笑いコンビ : ケイダッシュステージ

今回のアスリートインタビューは、毎週金曜日深夜放送の日本で唯一のレギュラーNFL情報番組「NFL倶楽部(日本テレビ)」に出演中のお笑いコンビ、オードリーの若林正恭さん、春日俊彰さんに中高生時代に所属し活動していたアメフト部のお話をうかがいました。
アスリートインタビュー? と、少し違和感を感じる読者もいらっしゃるかもしれませんが、ライバルの多いお笑い界を勝ち抜いた彼らは、まさにアスリート。お笑いコンビならではの切り口で部活の魅力についてお話していただきました。中高生読者必見です!!

エンジョイアメフト!!

若林さん、春日さんは、高校時代アメフト部で活動していたそうですが、アメフトを始めたきっかけは何ですか。

僕は中学の時ラグビー部だったんですけど、練習するのに学校からバスに乗らないと行けないグランドで、せっかく家から自転車で通える学校に入ったのに、自転車で通えないのはどういうことだ!? って家族会議になって(笑)、それじゃー楕円形のボールつながりってことで、入部したのがアメフトを始めたきっかけです。


若林正恭

ちなみにラグビー部でポジションはどこだったんですか。

スクラムハーフだったんですけど、当時バックスにオール東京のスタープレーヤーがそろっていたので、おまえは蹴るな、走るなって言われて、ひたすらパスを回すだけのバイトのような気持ちになった中学3年間でした(笑)。


若林正恭

春日さんは?

中学3年の時に、スーパーボールにふれあいまして、カウボーイズ対ビルズの試合を見て、やはりカッコイイですから気にはなっていたんですな。ですがその学校では高校からでないとアメフト部に入れないのでね、中学は水泳部に属していたわけなんですけれども、水泳部からアメフト部に行くという流れがあったので、その流れに乗ってQB志望でアメフト部に入部したということでございますかね。
ま、入部後はすぐにラインに回されたというパターンですね。


春日俊彰

アメフトのどんなところに魅力を感じたんですか。

やはりコンタクトスポーツというのをやりたくてですね、今でもそうですけど、当時から体に衝撃が加わるとテンションが上がってグっとなるんですね。


春日俊彰

体格差とか、実力に差がある学校とでも作戦次第では勝てる可能性があるスポーツってところですかね。一度、全国大会に出るような学校にこっそり練習をのぞきに行ったら、「なにのぞいてるんだ!」って捕まったことがありました。でも、「一流の高校の練習が見たいんです!」って言ったら、まるまる練習を見せてくれて、でもその練習内容にがくぜんとして、全国大会はあきらめよう! エンジョイアメフト!! なんて部室で言ってましたね。今思えばエンジョイアメフトってなんだ? って思いますけど(笑)。


若林正恭

部活の思い出というといろいろあると思いますが。

夏合宿のグラウンドがスキー場を登ったところにあって、1年生が練習で使う60キロあるタックルダミーを背負って100メートルの斜面を昇り降りしなくてはならないんですよ。でも力がなくて落としちゃった時、その先を下っていた恐い先輩に当たってボウズにさせられたのはキツかったですね。
嬉しかったのは、他の女子校のチアリーディング部も合宿していて、その子と仲良くなって、その後タイタニックの映画を見に行ったことは、いい思い出ですね。


若林正恭

私はですね、公式戦でしか着ないTシャツがありまして、そのTシャツは胸の部分に穴が二箇所空いているんですね。はたから見たら、そのTシャツの上からショルダーも付けているしユニフォームも着ているので普通なんですけど、自分の中では、絶対に人には見られたくない秘密を抱えているという、いわば背水の陣ですよね。相手に引っ張られたりでもしたらまずいことになるので、一番いいポテンシャルで試合にのぞめて、ベストパフォーマンスができるんですね。でもある試合で春日がミスを連発しまして、試合後ショルダーを脱いで、キャプテンに怒られるはめになるわけですけれども、こんなことがバレたらとんでもないことになるので、ずっと腕組みをして隠していたんです。でも先輩に怒られているのに、腕組みをしているっておかしいわけで、「おまえ腕組みをとけ」と言われて、「無理です!」と答えたら、腕組みをしたままふっ飛んだんですけど、最後までその秘密を死守しましたね。
嬉しい思い出としましては、私も春日くん同様、同じチアリーダー部の子と高1の合宿のときに仲良くなりまして、夜にトランプをやったりしてゲームをしている中で、春日が誰かとキッスをするという流れになったわけなんですよ。BOYS BE…(「週刊少年マガジン」にて連載された学園恋愛漫画)で読んでいた初キッスとは違う形だけれども、すごい、これはこういうタイミングでくるのかってテンションが上がって、「春日が○番とキッスをする!」って言ったら、その番号がアメフト部のガタイのいい3年の先輩で、その先輩もテンションがあがっていたんでしょうね。けっこう激し目のね、キッスで、、、


春日俊彰

なんの話だよ。


若林正恭

初キッスはそんな感じだったんですけど、今となってはいい思い出で、この話は何度かTVでもさせてもらって、ウケも良かったので、財産にはなっているんですけれども(笑)。


春日俊彰

ヲタクの春日にノートを借りに

部活以外ではどんな男子だったんでしょうか。

春日は中学校の時、サバイバルゲームとか、ミニ四駆とかばっかりやっている感じで、ちょっと気持ち悪かったですね。あるとき廊下を歩いていたら、シャーって春日のミニ四駆が足に当たったので、踏んづけてやりましたよ(笑)。


若林正恭

イエローですね。


春日俊彰

ヲタクだったんですか(笑)。

そうでございますね。時計の本を読んでいたりね、若林くんとは高校に入ってから仲むつまじくなった感じですかね。


春日俊彰

高校に入ってから仲良くなったんですね。

基本的にアメフトテンションというか、廊下ですれ違う時もアメフト部員同士は「オーイッ!」って肩をぶつけあうんですよね。今でもやったりしていて、なんなんすかね(笑)。


春日俊彰

お二人とも勉強に力を入れている学校に通われていましたけど、部活との両立はどうしていましたか。

ぼくは下から2番目とかの成績でしたね。でも、春日は全部の授業をまじめにノートにとっていたので、試験前なんかは、春日にノートを借りに行くやつは多かったですし、中高皆勤賞だったので、お母さんは学校から記念の時計をもらっていて、先生に怒られている春日を見たことなんてなかったですね。TVに出るようになってから2回位母校に行ったんですけど、若林は覚えているけど、春日は全然印象に無いって先生から言われてました。


若林正恭

春日さんはまじめだったんですね。

基本的には今と同じ無法者で試合では大暴れでしたから、オンオフのメリハリをきかせてというか、その反動でね普段はまじめに授業をうけて、本当の自分を押さえこんで押さえこんで、それを試合で爆発させる! みたいなセルフプロデュースがすごかったということですよね。


春日俊彰

その頃、将来こうなりたいとか、夢はありましたか。

僕はその頃、将来は芸人になってゴールデンで天下取りたいなって思っていました・・・
ちょっと今のやめていいですか(笑)。


若林正恭

ええっ、いい話じゃないですか(笑)。だめですか?

いいですけど(笑)、お笑い好きぐらいな感じですかね。部活が水曜休みだったので、休みの日はアメフト部員のちまかげと一緒に海砂利水魚さん(現・くりぃむしちゅー)のライブに行ったりしていました。


若林正恭

春日さんは?

まだ明確にはないですよね。


春日俊彰

大学では水上スキーサークルに入って遊びたいって言ってましたね。


若林正恭

なんで水上スキーなんですか。

やはりその、大学に行くと高校の時には無かった部活があったりするわけで、なぜか水上スキーに魅力を感じていましたね。だけどけっこうお金がかかるからって理由で辞めたんですけど、本当はオールラウンドサークルみたいなものに入りたいんですけど、そこまではハードルが高いというかね。


春日俊彰

オードリーの MY DREAM MY LIFE

お笑い芸人を目指したきっかけは。

大学時代サークルに入っていなかったので、授業中に
よくお笑いのネタを書いていて、そのネタでライブに出てみたらけっこうウケたんですよ。そしたら春日がマスクを買いに行くって言うんです。こんだけウケたら出待ちで大変な事になるからって。でもそんなことは無かったんですけどね。だけどそれでイケるんじゃないかと思っちゃったんですね。


若林正恭

それからテレビなどに出れるようになるまで8年かかったそうですが、部活も勉強もネバリ強く長く続ける事って大切ですよね。

毎日ウエイトトレーニングばかりしていたアメフト部の竹原には、当たりで負けたことが無かったんですけど、高3の春には、二回転するぐらいあおられて、結局大学でもアメフトを続けて活躍しているのは彼だけですからね、毎日続けることの大切さみたいなことをアメフト部で感じましたね。


若林正恭

いろいろやるってことでございますかね。最初はボケとつっこみが逆だったりもしましたし、髪型を変えてみたりね。でもその髪型だとつっこめないって言われて、確かに! って気づいたり、自宅で10人限定のライブを開催して、わたしが駅にむかえに行って、若林くんが入り口で靴入れのビニール袋を渡したりして、試行錯誤の日々というか、今思えばムダだなって思う事も、そういう繰り返しが大切なんですかね。


春日俊彰

NFL倶楽部の見どころとメッセージ

NFL倶楽部の見どころをお願いいたします。

春日が面白いというのは周知の事実ですけれども、NFL倶楽部では情報も伝えていかなくてはならないということで、情報と笑いの量とが絶妙なところですかね。この状況の中、オーディブルでどう笑いを入れていくか。マニングですね。マニング自身は今シーズンは調子悪いですけど(笑)。


春日俊彰

最後に中高生へのメッセージをお願いいたします。

いろいろと夢を描いているとは思いますし、中にはね、春日になりたい! って思っている人もいると思いますけどね、春日を目指したら危ないよ! ってことですかね。自分なりのやり方でね、夢をかなえていってほしいなと思いますね。


春日俊彰

高2の夏、ウエイトをやる時期に、海の家でバイトをしちゃって、それがチームの足を引っ張って、いい夏じゃなかったなって思ったし、去年くらいからクイズ番組にでることが増えて、30過ぎてから恥をかいているので、今の中高生にというより、昔の自分に、もっと勉強しておいた方がいいよって言いたいです。


若林正恭

ありがとうございました。

関連する記事はこちら!

春高連覇。今度は私服をがんばる!
  • 下北沢成徳高等学校
  • 黒後愛
  • バレーボール
2m級のポテンシャルを目指して
  • 国士館大学
  • 安倍竜之介
  • ハンドボール
SUVがほしい! オフも頭はハンド一色
  • ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
  • 藤田明日香
  • ハンドボール
いつまでもベストコンディションで
  • 大橋ボクシングジム
  • 井上尚弥
  • ボクシング
自分がやる! そして大人になります❤
  • オルカ鴨川FC
  • 平野里菜
  • 女子サッカー
SPECIAL

2017.02.09

We are BEST TEAM
Good huddle Good break

東京都立三田高等学校 アメリカンフットボール部 (2016)

東京都

感謝を忘れない

関西大倉高等学校 アメリカンフットボール部 (2016)

大阪府

クリスマスボウル優勝

早稲田大学高等学院 米式蹴球部 (2016)

東京都

日本一のチームになる

日本大学鶴ヶ丘高等学校 アメリカンフットボール部 (2016)

東京都

隠れた力を爆発させろ

知徳高等学校 アメリカンフットボール部 (2016)

静岡県

UPPERCUTS B